バランスの取れた食事とよく聞くけれど、実際はどんなものですか?

バランスの取れた食事とは?

食事でよくいわれるのが「バランスの取れた食事」をとりましょう。

少しだけ言葉は違っても同じ意味の内容はよく聞くし、テレビや雑誌、インターネットでもサイトを見ていてもよく目にする内容です。

でも、よく見るし聞くからといって、バランスの取れた食事を今説明して! といわれたら説明できますか? 思いのほかに難しいですよね。

バランスの取れた食事とはどんなものなのかから、どうすればバランスの取れた食事ができるのかまでを紹介します。

食事の基本は3+2で5つ

食事バランスガイド
出典:農林水産省 「食事バランスガイド」について

バランスの取れた食事の基本となるのは、次の3+2で5つです。

  • 主食:主に炭水化物のエネルギー供給源
  • 主菜:主にタンパク質のエネルギー供給源
  • 副菜:主にビタミン、ミネラル、食物繊維のエネルギー供給源
  • 牛乳・乳製品:カルシウム、乳酸菌のエネルギー供給源
  • 果物:副菜と同じく、ビタミン、ミネラル、食物繊維のエネルギー源

それぞれは分類されると、次のようになります。

主食とは

ごはん、パン、麺類などを主材料に使っている料理

主食という名前の通り、食事のメインとなる料理のことです。取りすぎてバランスが悪くなるのは、この主食ですね。

主菜とは

肉、魚、卵、大豆製品などを主材料に使っている料理

メインとなるおかずになる料理のことです。主食と主菜しか取らずに、バランスが悪くなるということが多くあります。

副菜とは

野菜、芋、豆類、きのこ、海藻などを主材料に使っている料理

メインではない、おかずになる料理のことです。主食と主菜のみとなってしまい、不足するのがこの副菜です。

牛乳・乳製品、果物とは

これはそのままですね。

牛乳・乳製品、果物というのは取る方はしっかり取るのですが、全く取らない方も多いものです。副菜と同じく不足して、バランスが悪くなる代表格といえるものですね。

バランスの取れた食事とは?

バランスの取れた食事というのは、この「主食、主菜、副菜+牛乳(乳製品)、果物5つのバランスの取れた食事のこと」を指します。この5つはバランスの取れた食事の基本ですので、ぜひ覚えてしまってください。

 

食事のバランスで気をつけるべきは、主食、主菜ではないもの

バランスの取れた食事の代表例

バランスの取れた食事の代表例

バランスの取れた食事の代表例いうといろいろとあるのですが、みなさんが子どもの頃に毎日食べていたことがある食事です。

それは「学校給食」です。持参のお弁当ではない給食ですね。

少し、子供のころの給食を思い出してみてください。毎日メニューは変わっても、主食、主菜、副菜+牛乳(乳製品)、果物5つが含まれていたのではないでしょうか?

5つが含まれているだけではなく、バランスも栄養士の方が考えて作られているという理想ともいえる食事となっていました。

バランスの取れた食事が思い浮かばないという方は、学校給食をイメージして献立を考えるとバランスの取れた食事が取れますよ。

学校給食というと近年は給食費未払いなどあまりいいイメージではない話題があがりますが、バランスの取れた食事として話題となるといいですね。

 

バランスの取れた食事は、子供のころの学校給食を参考に!

補足:6つの食品群

6つの食品群というものがありますので、こちらも参考にしてみてください。

第1群 たんぱく質が多く、
おもに筋肉や血液になる
魚、肉、卵、大豆・大豆製品
第2群 カルシウムが多く、
骨や歯をつくる
牛乳・乳製品、海藻、小魚
第3群 色の濃い野菜で、
ビタミン、ミネラルが多い
緑黄色野菜
第4群 色のうすい野菜や果物で、
ビタミン、ミネラルが多い
淡色野菜、果物
第5群 穀類やイモ類で、
糖質が多い
穀類、イモ類、砂糖類
第6群 油脂製品で、
脂質が多い
油脂類、脂肪の多い食品

出典:厚生労働省 6つの基礎食品群

摂取できない不足分はどうする?

摂取できない不足分はどうする?

食生活というのは人それぞれですから、100人いたら100パターンの食生活が存在します。一人暮らしの方はもちろん、一緒に暮らしている家族、恋人、友人などいても、1日中全て口にするものが同じというのはまずありえません。

取り過ぎた、食べ過ぎたというのは次を気をつければいいのですが、摂取できない不足分がある場合は、また別問題です。

たまたまであれば全く問題がないのですが、慢性的に摂取できないというのは問題ありです。そのまま継続するのでなく、改善が必要です。

 

たるちゅう
たるちゅう

美容院で「髪をアップにして! 」と頼んだら、

無理ですと昨日いわれたちゅう…。なんで?

パンTa
パンTa

長さが足りない髪のアップは、誰でも無理…。食事も同じく足りないのは補う必要があるぱん。

サプリメントに頼るのも1つの手

1日2日という一時的に不足をするというのはすぐに改善できますが、慢性的に足りていない分は何らかの対処が必要です。対処方法としては…

  • 不足分を積極的に食事に取り入れる
  • サプリメントで補う

食事の不足分は「不足分を積極的に食事に取り入れる」とあるように、食事で補うことができるのがベストです。でも、食生活は人の性格はなかなか変えることができないように、変わりづらいものです。

サプリメントで補うというのは敬遠する方も多いですが、悪い選択肢ではありません。サプリメントは各パッケージにも記載がありますが、その多くが栄養補助食品です。

ものは使いようですので、うまくサプリメントと付き合うこともバランスを取る上で重要になってきます。薬ではありませんので、うまく栄養補助に使ってしまいましょう!

サプリメントを取らなくて済むのであれば、本来のベストで最高ですね。

 

サプリメントを摂取する場合は、ものの選択だけは慎重に!

バランスの取れた食事の考え方

バランスの取れた食事の考え方

バランスの取れた食事をするというのは、言葉にするとカンタンです。ですが、実際にやってみるとなると、毎日するのはとても大変ですよね。

毎日かたよった食事しかできないというのは問題外ですが、そうでなければなんの問題もありません。むしろ毎日絶対! となるとストレスになってしまいます。

1日2日で考えるのではなく、10日前後で考えると気持ちの上でもラクですし、組み立てるのが楽にできますよ。食事は毎日するものですから、継続できないような無理は絶対に禁物です! 無意味になってしまいますから…。

 

以上が『 バランスの取れた食事とよく聞くけれど、実際はどんなものですか?』についてでした。

 

コメント