善玉菌と悪玉菌とはなんですか? 腸内環境をよくするのに意識必須の菌でした

善玉菌と悪玉菌とは一体なんですか?

菌の中でも名前をよく聞く「善玉菌と悪玉菌」。

腸内環境がよくなると、健康にもダイエットにもいいからと聞いて調べると、間違いなく出てくるのが、この善玉菌と悪玉菌です。

善玉、悪玉とそのままの名前がついていることから、善玉菌がいい菌で悪玉菌がわるい菌という想像が付きやすいですよね。その認識であながち間違ってはいません。

実際に腸内環境を今よりもよくしようとするためには、善玉菌と悪玉菌を意識した改善をするのが大きな近道だからです。

そこで、善玉菌と悪玉菌とはどんなもの? というところから、どんなことを意識して行動すればいいの? というところまで紹介します。

今現在よりも腸内環境を改善して、より健康になること、ダイエットにも役立ててしまいましょう!

スポンサーリンク

善玉菌と悪玉菌とは?

善玉菌と悪玉菌とは?

腸内環境に作用する腸内細菌は、次の3つです。

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌(ひよりみきん)

日和見菌(ひよりみきん)という少し聞き慣れない菌の名前もでてきましたので、個別にもう少し詳しく紹介します。

善玉菌とは

有用菌で、乳酸や酢産、酪酸を産生して悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の運動をうながしてくれます。おなかの調子を整えてくれる菌です。

ビフィズス菌、乳酸菌、フェカリス菌など、カラダにいいよ! と全面に出されていてよく聞く名前の菌ですね。

悪玉菌とは

有害菌で、悪臭のもととなるガスや、腐敗物質を生成します。悪玉菌が増えると、便秘や下痢などおなかの調子がわるくなる原因となる菌です。

ウェルシュ菌、大腸菌(毒性株)、ブドウ球菌など、こちらもよく聞く名前ですが、病原菌として善玉菌とは違う扱いをされる菌です。

日和見菌(ひよりみきん)とは

平素無害菌で、状態によって有用にも働く菌です。状態によってというのは、善玉菌、悪玉菌の優勢な方に力を加担する菌だからです。優勢な方に加担するというのが細菌の世界にまでいるのか…。という感じですよね。

連鎖級菌や大腸菌(無毒株)などの菌です。

腸内環境の最適なバランス

3つの腸内細菌を紹介してきましたが、最適なバランスがあります。バランス比率でいうと次の通りです。

  • 善玉菌:2
  • 悪玉菌:1
  • 日和見菌(ひよりみきん):7

最適なバランスとして悪玉菌は最も少なくて納得ですね。でも、善玉菌があまり名前を効かない日和見菌(ひよりみきん)より圧倒的に少ないバランスなのは意外だったのではないでしょうか?

腸内細菌でもよくもわるくも目立つのは少数であるというのは、人間社会みたいで面白いですよね。

なぜ悪玉菌が0でないの?と感じた方も、いたのではないでしょうか? 悪玉菌が0になるというのは、生まれたての赤ん坊でない限り、腸内環境としてありえない状態です。

また、悪玉菌といっても常に悪影響を与える菌なのではありません。消化、吸収を助けたり、免疫機能を高めたりなどの有用な働きもしています。

腸内フローラとは

腸内フローラのイメージ
出典:Kowa

善玉菌、悪玉菌について調べていると、腸内フローラという言葉を目にします。

腸内細菌は1,000種類、100兆個にも及ぶといわれていますが、その種類ごとにグループとして形成してまとまって腸内に住んでいます。

フローラとは植物相、植物の集合体のことで、上の画像のようにお花畑のように腸内菌が見えることから、腸内フローラと呼ばれています。※別名:腸内細菌叢(さいきんそう)

腸内フローラのバランスの状態 = 腸内環境。

ですから、腸内フローラのバランスの状態をよくすることは、腸内環境をよくすることです。カタカナ英語が出てくるとコンプライアンスや、エビデンスのように分かりづらくなりますが、難しく考える必要はありません。

コンプライアンス = 遵守、従順
エビデンス = 証拠

善玉菌、悪玉菌を意識すべき対象の方とは?

善玉菌、悪玉菌を意識すべき対象の方とは?

善玉菌、悪玉菌のバランスを意識する必要があるのは、特に次の内容に当てはまる対象の方たちです。

  • 慢性的な便秘や下痢
  • 肌が荒れやすく、吹き出物がよくできる
  • ストレスがたまりがち
  • 体臭、口臭が気になる、指摘されたことがある
  • 太りやすい
  • 青年期が終了した大人

対象に1つでも当てはまるものはありましたか?

なぜこれら当てはまる方が対象かというと、状況が善玉菌、悪玉菌のバランスがよくない、わるくなる状態に近づいている方たちをいえるからです。

1つでもあてはまっているものがあると、なんとかなればと考えたことがあるのではないでしょうか。

青年期を終えた方たち

青年期を終えた方たち、いわゆる30歳オーバーの方たちは、善玉菌、悪玉菌を意識していかなければいけない年代です。

新陳代謝が落ちて、痩せづらくなってくる年代ですね。見た目年齢はその昔からでは考えられないくらい若々しい方が増えていますが、カラダの内部はというと、どうしても少しずつ衰えてきています。

気持ちが若くても、こればかりはどうしようもないことです。30歳を過ぎたらこれからを楽しく生活していくためにも、腸内環境を意識しましょう!

青年期を過ぎると善玉菌が減り、悪玉菌が急上昇で増えやすくなることがわかっています。

以前はなんともなかったけれど、30歳を過ぎてから便秘になったという方はいませんか? 正しく腸内環境を意識するタイミングですので、そのままにしないようにしてくださいね。

 

見た目や気持ちの中では若くても、国民的アニメであるサザエさんで比較すると、穴子さんは27歳(!)、波平さん54歳、フネさん52歳です。
一昔前の解釈にはなりますが、それなりの年齢にはなっていますよ。

善玉菌と悪玉菌のバランスを改善するには?

善玉菌と悪玉菌のバランスを改善するには?

善玉菌と悪玉菌のバランスと改善するのに、何をすればいいかというと次の3つです。

  • 生活環境改善
  • 日常的な運動
  • バランスのいい食事

3つとも一気に改善できるのがベストですが、なかなかできなかったことを一度に3つ改善するというのは難しいですよね。

ですから、まずは1番改善の効果が出やすい、バランスのいい食事の改善をしてみてください。

バランスのいい食事が何かというと、主食、主菜、副菜の3つと、牛乳・乳製品、果物のバランスが取れて摂取できている状態のことです。

男性に多いのですが、牛丼しか食べないとか、立ち食いそばのような1品しか食べないというのは、バランスのよくない食事です。

時間も短縮できておいしく食べられるのはわかります。たまにであれば問題ないですが、慢性的に1品豪華主義というのは腸内環境にとってはよくありません。

腸内環境を改善しよう! となると、1日だけヨーグルトを食べてみるという方がいます。単に足してみるよりもバランスを考えた上で足すのとは、大きな差があります。

行動することはとてもいいことなのですが、やみくもではないほうがsいいですね。

 

バランスの取れた食事について別途記事にしていますので、よろしければこちらも合わせてご覧ください。

効果を実感するまでの期間はどれくらい?

効果を実感するまでの期間が長いと、なかなか継続して頑張ることはできないですよね。何カ月も鍛錬のようになってしまうと、ほとんどの方が続けられません。

善玉菌と悪玉菌のバランスを改善しようとするのに、半年、1年というようなものすごく長い時間はあまりかかりません。その理由は腸内は私たちが口にしたものが必ず関わってくる場所だからです。

効果を実感するまでの期間は、早ければ数日から数週間、長くても一カ月もかからずに効果を実感できます。

逆に一カ月以上の期間がたっても何も効果を実感することができないようであれば、改善しようと頑張っている内容があっていません。

他の人にはよくても私には、僕には合わなかった改善方法といえますので、別の改善方法を試みるようにするという判断ができます。

※既によい状態の方がさらによくしよう! という場合は、数カ月かけての対応が必要です。

頑張った効果を短期間で実感しやすいので、がんばりましょう!

善玉菌と悪玉菌のバランスが改善されると…

善玉菌と悪玉菌のバランスが改善されると…

善玉菌と悪玉菌のバランスが改善されると、こうなります。

  • 代謝が促進して、ダイエットの効果
  • 便秘や下痢が解消されて快便
  • 老廃物がたまらないことで、美肌効果
  • 不快感がなくなりストレス軽減
  • 体臭や口臭の改善

善玉菌と悪玉菌のバランスがわるい時なんとかならないかなぁと感じていたことが、改善されるようになります。

実感する変化がとても大きい

文字にさらっとしたものですが、善玉菌と悪玉菌のバランスが改善できた際の実感する変化がとても大きいです。

ダイエットや筋肉を付けるというのは実感するのに時間がかかるので、途中で断念してしまう方がいます。断念してしまう方がいるというよりも、断念してしまう方が大半です。

善玉菌と悪玉菌のバランスの改善というと、実感するまでの期間が前述している通り、比較的短期間で実感できます。

ものすごく頑張らなくても自分に合うものが見つかれば変化は実感できますので、実感するまでの少しの期間頑張ってみましょう!

腸内環境が改善できた自分はすぐ目の前に

腸内環境が改善できた自分はすぐ目の前に

腸内環境に深く関係がある、善玉菌と悪玉菌。

善玉菌がただ増えて悪玉菌がなくなればいいというのはなくバランスが大切ですが、少しの意識の違いと行動で改善は可能です。

腸内環境の変化は何カ月というまとまった期間での変化ではなく、週間単位の短い期間で変化が体感しやすいです。変化が体感が比較的短い期間でできるというのは、頑張りがみえるからやりやすいですよね。

善玉菌と悪玉菌のバランスをよくすることで、腸内環境を改善して健康とダイエットに役立ててしまってください。

 

以上が『善玉菌と悪玉菌とはなんですか? 腸内環境をよくするのに意識必須の菌でした』についてでした。

 

腸内環境とはどんなものなのか、別記事としてまとめています。よろしければ、こちらも合わせてご覧ください。

 

コメント