知っているようで知らない、消費期限と賞味期限の違いとは?

消費期限と賞味期限って一体何が違うの?

飲み物に食べ物、毎日おいしく食べることができていますか?

私たちが日々生活していくために、欠かすことができないのが食事。ただ栄養として摂取することができればいい! という特殊な方は除き、可能な限りおいしく食事をしたいものですよね。

おいしく食事をするのにはいろいろと方法がありますが、思いのほか見落としているのが「消費期限と賞味期限」です。

同じ意味の言葉の違いだけなんじゃないの? という方もとても多いので、消費期限と賞味期限とはどういうものなのかまとめてみました。

消費期限とは?

消費期限とは?

パッケージが未開封のまま、かつ書かれている保存方法を守った状態で、安全に消費できる期限のこと。品質の劣化が激しいものに、消費期限が定められています。

カンタンにいうと、「期限までに消費してください」というものです。

生物やお弁当、完全密封されていない食品の多くが、消費期限の対象になっています。 期限も短いものがほとんどで、時間単位に日単位、長くても週間単位となっていますね。

何日という年月日の記載だけでなく、時間まで記載されているものもあります。これは賞味期限では見られない細かい表記の仕方です。

消費期限あるもの代表例

消費期限のあるものはこんなものがありますよ! という代表例です。

  • 牛乳など乳製品
  • お弁当
  • パン、サンドイッチ
  • ケーキなどデザート
  • なま物

そのままや、すぐに食べられるものが多いですね。

消費期限を過ぎたものを飲んだり食べると…

消費期限は前述のとおり、「期限までに消費してください」というものです。

味が落ちるというのはもちろんですが、細菌などが繁殖していておなかを壊す、食中毒の原因です。

もったいない! という気持ちもわかりますが、消費期限が切れているものは口にしないほうが得策ですよ。

今まで大丈夫だったからと、軽く考えて口にしてしまうのはあやまりです。具合がわるくなったり、病院のお世話になってから後悔するのでは遅いですから…。

賞味期限とは?

賞味期限とは?

パッケージが未開封のまま、かつ書かれている保存方法を守った状態で、品質が落ちずにおいしく消費できる期限のこと。品質の劣化が穏やかなものに、賞味期限が定められています。

カンタンにいうと、「期限まではおいしいですよ」というものです。

保存料、添加物が敬遠されるようになったことで以前に比べると期間は短くなっていますが、数カ月から長いものだと数年というものがあります。

保存食として常備しているものが、賞味期限のものと考えて問題ありません。

賞味期限の代表例

賞味期限はこんなものにありますよ! という代表例です。

  • 冷凍食品
  • カップ麺
  • ペットボトル
  • 缶詰
  • レトルト食品
  • お菓子

あると便利なもの、保存食として常備するものが多いですね。

賞味期限を過ぎたものを飲んだり食べると…

消費期限は前述のとおり、「期限まではおいしいですよ」というものです。

賞味期限が切れていても消費期限とはことなり、何ヶ月も何年も賞味期限が切れているではない場合は、飲んだり食べることは可能です。

可能ではありますが、変色して品質が劣化していたり、味が落ちるということが起こります。油を使っているものなどは極端に味が落ちるとはいえ食べられはしますが、賞味期限内に食べることをオススメします。

賞味期限が切れたものを開封をして、または調理をしてみてこれは…! と引っかかるものがあった場合は、飲んだり食べないでください。おなかを壊す原因です。あなたの感じた直感を信じましょう。

ものにもよりますが、賞味期限がきれたものを口にするのは1カ月〜2カ月が限度と考えたほうが得策です。

賞味期限は切れていても食べられないことはありません。とはいえ、おいしく食べるためにも、できるだけ賞味期限内に消費するようにしてください。

開封したものはお早めに

開封したものはお早めに

消費期限、賞味期限と紹介してきましたが、注意すべきなのは1度開封をしてしまったものです。

開封してしまったものは消費期限、賞味期限に限らずなるべく早めに消費する必要があります。

消費期限、賞味期限は理解していて守っていても、1度開封したものというのはないがしろにされがちです。

開封したものは1度に消費する、またはパッケージ記載されている「開封した場合は何日以内に」というのを守りましょう。

消費期限が切れているものと同じく味も落ちますし、おなかを壊す原因です。

特に開封品で直接口を付けたものは細菌が増殖しますので、日をまたぐという消費の仕方は厳禁です。

開封した調味料は特に忘れがちですが、開封後は早めに消費するようにしてください。味も落ちますし、賞味期限は未開封の状態での保証期間です。

消費期限がない特別なもの

消費期限がない特別なもの

飲み物や食品には必ず賞味期限、消費期限があるかというと、そうではありません。

長期間品質の劣化がないものとして、以下のような賞味期限、消費期限を記載する必要のないものがあります。(食品衛生法、JAS法)

  • 砂糖
  • 蒸留酒
  • アイスクリーム

保存状態がいいという条件はありますが、年という長い期間であっても品質が落ちづらいというのが理由です。

砂糖、塩は賞味期限、消費期限がないと知っている方も多いですが、その他にもあるというのは意外だと感じる方も多いのではないでしょうか?

アイスクリームは消費期限がないといわれていますが、家庭用冷凍庫での長期間の保存は味が大幅に落ちます。単純においしくなくなりますので、早めに食べましょう!

混ざり物があるものは別

消費期限、賞味期限がないといっても、混ざり物がある場合は別です。

消費期限のないものの代表格である砂糖、塩ですが、混ざり物があるのは賞味期限があります。混ざりものというと少し語弊(ごへい)がありますが、○○砂糖や、○○塩といったフレーバーが加わったりしているものです。

純粋な砂糖、塩に他のものが添加されていることで、賞味期限というものが発生します。

先に記述した賞味期限、消費期限のないものとして上げられるものは他にもあるのですが、混ざりものが多いものが一般的なもの、味が極端に落ちるものは除外して記載しました。

 

寅太
寅太

めんつゆが賞味期限内なのにカビたのは、

開封していたのが理由がお〜?

パンTa
パンTa

そう。開封して時間が立ち過ぎたのが理由。

めんつゆは余りやすいので注意が必要ぱん!

飲食はおいしく健康的に

よりおいしく健康的に!

消費期限、賞味期限を守ることで、よりおいしく健康的な食事ができます。

同じものを飲んだり食べたりするのであれば、1番おいしく飲んだり食べたりすることがベストです。生産者や加工業者としても、おいしく飲んで食べてもらいたいですから…。

必ずではなくても可能なかぎり消費期限、賞味期限を守って飲む、食べるというようにしましょう。

 

以上が『 知っているようで知らない、消費期限と賞味期限の違いとは?』についてでした。

 

コメント