ガッテン式の健康術! カテキンで口内フローラの細菌 & ウイルスを撃退するべし

カテキンで口内フローラの細菌 & ウイルスを撃退
フローラと聞いて想像する言葉はなんですか?

全く想像できない方、ローマ神話における花の女神なんて方もいるでしょうけれど、「腸内フローラ」が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか?

腸は健康にもダイエットにも大きく関係してきますので、テレビや雑誌の健康・ダイエット特集で目にする機会も多いです。

なんですが、フローラとは腸内フローラだけではありません。「口内フローラ」というものもあります。

そこで、NHK ガッテン! でも取り上げられた、もう1つのフローラ。口内フローラについてまとめてみました。

16年11月30日(水)放送:ウイルス&細菌を撃退!「口内フローラ」新健康術SP

口内フローラとはなんですか?

口内フローラとはなんですか?

あなたにも私にも誰にでも口の中には、細菌などの数百種もの微生物が生息しています。細菌の集団が口の中にいる感じですね。

その細菌集団をフローラや、細菌叢(さいきんそう)と呼びます。

細菌の集団は誰の口の中にいるものですから、口の中を「口内フローラ」と考えると混乱しなくてすみますよ。

口内フローラのバランスが悪いとどうなる?

口内フローラのバランスが悪くなる = 悪玉菌が増えている状態です。

悪玉菌が増えると、虫歯になる、歯周病になるというのは想像しやすいですよね。歯を磨かない、またはみがきもれがあることから虫歯になる、歯周病になるというのはある意味自業自得です。

虫歯、歯周病というのは誰しも知るところなのですが、最近の研究ではさらに恐ろしい病気の原因になることがわかってきました。どんな病気なのかというと、

  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 認知症
  • がん
  • 関節リウマチ

など、誰もがかかりたくない恐ろしい病気ばかりです。これらの病気に関わるのは、悪玉菌の中でも特に歯周病菌。歯周病菌が増殖して血管に入り込むことが原因といわれています。

いわれていますというのは、これらの病気に大きく関与することはわかっているのですが、メカニズムが詳しく分かっていないからです。

メカニズムは分かっていないけれど、大きく関与することは分かっているというのは怖いですよね。口内フローラのバランスを整えることは虫歯、歯周病の予防だけでなく、多くの病気にかからないようにするためにも必須です。

歯茎から出血が慢性的に起こっている方は、特に注意!

口内と腸内のバランスは違います

口内と腸内のバランスは違います

同じフローラの名前がつく口内フローラと、腸内フローラ。

フローラと名前が付くのだからバランスも場所は違っても同じでしょ! と考えてしまいますが、まったく違うものです。

どちらも善玉菌、悪玉菌という分け方をするのですが、理想的なバランスは違ってきますので、続けてご覧ください。

腸内フローラのバランス

腸内フローラのバランスは善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌(ひよりみきん)7割が理想的なバランスといわれています。

腸内フローラというと善玉菌、悪玉菌が大きく取り上げられますが、日和見菌(ひよりみきん)が一番多く腸内フローラに存在する菌となっています。

日和見菌(ひよりみきん)が少しクセモノで、善玉菌、悪玉菌のどちらかの優勢な方へ加担するという菌となっています。ですから、善玉菌を優勢に保ってあげないと腸内フローラのバランスが悪い、腸内環境がよくないということになってしまいます。

 

腸内フローラのバランス = 腸内環境の善玉菌、悪玉菌についてまとめた記事です。よろしけばこちらも合わせてご覧ください。

口内フローラのバランス

口内フローラのバランスは善玉菌9割、悪玉菌1割ていどが理想的なバランスといわれています。

日和見菌(ひよりみきん)と呼ばれる善玉菌、悪玉菌の優勢な方に加担する中間の細菌がないのが特徴ですね。

口内の悪玉菌はなくなるということはありませんが、可能が限りバランスを減らすということが重要になってきます。

口内フローラの改善の対策方法

口内フローラの改善の対策方法

口内フローラの改善の方法をして大切なのは、当然ともいえますが歯みがきです。正しい歯みがきをキチンをすることが歯周病菌を減らし、口内フローラの改善となります。

ガッテンの番組内でも紹介されていましたが、歯周病菌は空気が嫌いな性質を持っています。これが何を示すかというと、空気のない歯と歯茎のあいだや、葉と歯の間に潜むということです。

普通にサッと磨くような歯みがきでは歯の表面がキレイになるだけで、取り除くべき歯周病菌をしっかり取り除くことはできません。

毎日行う必要はありませんが、歯間ブラシや糸ようじを使って歯のケアを追加で行うことで、歯周病菌を物理的に書き出すことができます。

歯間ブラシや糸ようじは痛いという方

洗口液(口内洗浄剤)を使う方法もあります。デンタルウォッシュや、マウスウォッシュと呼ばれるものですね。

液体ですので、歯ブラシでは届かない場所までクチュクチュとすることで口内細菌を駆除ができます。

以前はアルコールが強く刺激が強く使う方を選びましたが、現在はアルコール不使用のものも多いですので、小さなお子さんまで使用できるものも増えています。

液体歯みがきとはことなります。クチュクチュしてゆすぐだけのものなのか、歯みがきが必要なものなのかはパッケージに記載があるので、よく見てから使用しましょう!

カテキンでの口内フローラ改善方

ガッテンで紹介されていたカテキンの力を利用した、口内フローラの改善方法を紹介します。

【用意するもの:粉末緑茶】1.100ミリリトルの水かぬるま湯に、ティースプーン山盛り1杯程度の粉末力者を加えてよくかき混ぜます。

2.しっかりと「お口クチュクチュうがい」をしてください。

※うがいをした後は口をすすがないでください。(カテキンをなるべく口の中にとどめておくため)

※夜、歯みがきをした後、、寝る前に行うと効果的

ものすごくカンタンな手順ですね。夜寝る前に歯みがきを行ったあとに行うというのが一番のポイントです。

歯みがきの前に緑茶うがいを行ってしまったり、歯みがきを行わずに緑茶うがいだけではよろしくありません。必ず歯みがきをしっかりとすることを前提に、緑茶うがいを行うようにしてください。

 

緑茶うがいをオススメする方

ガッテン式の緑茶うがいをオススメする方は、次のような方たちです。

  • 最近口臭が気になる
  • 歯みがきをすると出血する
  • 洗口液(口内洗浄剤)はどうしても苦手

口臭が気になって、歯みがきをしっかりする。歯みがきをすることで歯茎から出血するというパターンですね。

歯茎から出血する理由はいろいろをありますが、歯が痛いなどの症状が出ていないのであれば、歯肉炎や歯周病などで炎症を起こしているのが理由です。

歯肉炎や歯周病になっているのであれば、出血するのはある意味で当然です。無理に力を入れて歯みがきをするのではなく、緑茶うがいも合わせて状況をみるようにしましょう。

歯が痛い、血が止まらないという方は、即日歯医者さんに診てもらいましょう! 虫歯は進行が進んだ歯周病は個人では治りません。

口内フローラ改善は目の前

口内フローラ改善は目の前

口内フローラの改善は、少しの自分自身の気遣いで大きく変えることができます。

出先の間食、食事で歯磨きをすることができないのは、まだしょうがないです。なんですが、歯を磨かずに寝てしまうなんていうのは言語道断です。

虫歯や歯周病だけですめばまだいいのですが、前述のとおり命に関わるような恐ろしい病気に大きく関わってきてしまいます。

また人生100年時代と呼ばれる中で自分自身への気遣い不足で歯を失うことは、健康を放棄していることに他なりません。口内フローラのバランスをよく保つことで、楽しく健康な日々を過ごすようにしましょう。

 

以上が『ガッテン式の健康術! カテキンで口内フローラの細菌 & ウイルスを撃退するべし』についてでした。

 

伊藤園「カテキンジャスミン茶

カテキンジャスミン茶 【ジャスミン茶飲料初! 2つの働き】
血中コルステロールを減らす
脂肪の吸収を抑える(体脂肪が多めの方に)
カテキンは口内フローラの改善だけじゃない!
縛りがなしの初回半額のお試し価格で!

詳細はこちら

コメント