治らないのは便秘の種類!玄米で治せる便秘の特徴とダイエット効果

治らないのは便秘の種類!玄米で治せる便秘の特徴とダイエット効果
日本人は欧米人に比べ、腸が長いためか便秘で悩む人が多いそうですが、

玄米で食物繊維を摂る、ということを聞いたことがありますか?

食物繊維の多い玄米で便秘解消の効果的な方法についてお伝えします。

便秘とダイエットの関係について知っていただき、効果的に便秘を解消して、脱ぽっこりおなかを目指しましょう!

玄米で治る便秘、治らない便秘

治る 治らない
まず、玄米の食物繊維についてお伝えしていきます。

玄米には2種類の食物繊維が存在します。それは、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類です。

水溶性とは水に溶けやすく、アボガド、ゆりね、オクラ、山芋、明日葉、海藻、ごぼう、納豆などが代表的です。

そして、不溶性とは、いんげん豆、ひよこ豆、あずき、おから、えりんぎ、えのき、切り干し大根、小麦ふすま、干し柿、アーモンドなどです。

よく、「せっかくダイエット始めたのに、肝心なお通じがないので、体重が減りません。」ということを聞きますが、ダイエットをすると食事量が少ないので腸の動きがおとなしくなりがちだということを忘れないで下さい。

いくらダイエットできれいになろうとしても、便秘で体調を崩してはいけませんね。

腸が動かなければ、お通じは少なくなるので、腸を活発に動かす必要があります。

腸の動きが悪い方、便の回数が少ない方

腸の動きが悪い方、便の回数が少ない方
普段から水分摂取が少なめの方や、ダイエットをして便秘になってしまった方は、不溶性食物繊維を摂取しましょう。

これらの食品の不溶性食物繊維は、水には溶けませんが、水分を吸着して便を柔らかくして量を増やし、便の排出をスムーズにしてくれます。

不溶性食物繊維の多い食品をとると、内容物が膨らみ、腸の動きが活発になるため便秘の予防に役立ちます。

ただし、食物繊維をとるときに、水分を必ず一緒に摂るようにしましょう。

水分を一緒に取らずに食物繊維だけを摂取すると、返って便秘を進行させてしまいます。

他に、ゆっくり噛んで食べることも大事なことです。

不溶性なので、体内で溶けにくく消化不良を起こさないようにしましょう。
おなかがゴロゴロ

腸の動きが変、いつもゴロゴロする方

おなかはゴロゴロしてても、便がない。

コロコロ便秘と下痢を繰り返す方は環境の変化で便秘を起こしがちなようです。

このタイプの人は水溶性食物繊維を多くとりましょう。

小腸での栄養素の消化吸収を遅らせ、有害物質を吸着して体外へ運び出します。

この便秘のタイプのの人が不溶性食物繊維を多く摂ると、かえってコロコロ便になりやすいので注意しましょう。

尚、食物繊維の成人の摂取量の目安は1日に20㌘~25㌘とされています。

ダイエットにも効果がある?

ダイエット 効果
玄米はダイエットにも優れた効果を期待できます。

玄米ダイエット、という言葉を聞いたことがありませんか?

玄米は白米に比べても栄養豊富な健康食品です。

栄養価に優れていることはもちろん、食物繊維には、独自のダイエット効果を生み出す利点もあります。

よく噛むことで、体脂肪の燃焼を促進できるのです。

玄米は炭水化物ではあっても、食物繊維を多く含むのでインスリンの上昇を穏やかにします。

インスリンの上昇を穏やかにするということは、体脂肪をつけにくい食べ方であるとともに、糖尿病を予防するという大事な役割も果たしてくれます。

そして、よく噛み砕くことで食べ過ぎの防止、満腹感が得られ、腹持ちが良くなります。

このような観点から見ても、玄米は健康維持、ダイエット、生活習慣病予防に優れた食品と言えるでしょう。

玄米で治らない便秘は何を食べると良い?

玄米で治らない便秘は何を食べると良い?
肥満や便秘は食事の偏りに原因があることが多いものです。

ですから、便秘を解消するために玄米ばかりを食べ続ける

ような食事では不溶性食物繊維の摂り過ぎで返って便秘を促進させてしまいます。

白米を玄米に変えても便秘がつづくようであれば水溶性食物繊維もしっかりとるようにしてください。

くだもの、海藻類、寒天、こんにゃくなどがオススメです。

食物繊維のバランスが大事


便秘を治す食品だからと言って食事のバランスを摂らなければ他の部分で体調不良をおこしてしまいます。

便秘に食物繊維は欠かすことはできませんが、食物繊維のバランスを摂ることで、便秘解消と健康を保つことができます。

最も効果的な食物繊維のとり方は

  1. 水溶性食物繊維1:不溶性食物繊維2のバランスでとして食事を摂る
  2. 水分を必ず一緒に摂る
  3. 適度な脂質も忘れずに

ということです。

いろいろな食品が混ざって初めて健康が保たれます。

バランスの良い食事を心がけることが一番ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

便秘や肥満は現代人誰もが気になる悩みのひとつです。

薬を手放せない、そんな方もいらっしゃいますが薬は即効性はあるかもしれませんが、やがて体が慣れてしまいますし、治ったということにはなりません。

食事や生活習慣で便秘や肥満を改善するには少し時間がかかるでしょう。

しかし、薬に頼るより人生を長い目で見たとき、必ず効果を感じるときがくるはずです。

便秘や肥満でお悩みの方は、ぜひ参考に、試してみてください。

 

金芽ロウカット玄米(無洗米) 4kg【2kg×2】
東洋ライス株式会社
¥ 2,800(2018/11/02 14:41時点)

コメント