【玄米と白米】栄養差2倍~7倍!美容・健康にいい3つの理由

白米 玄米
皆さんは玄米の栄養素がどのぐらいか知っていますか?

玄米には白米にはない栄養が沢山含まれており、白米よりも健康や美容に良いと言われています。

そこで今回は玄米と白米の比較をして、どのぐらいの違いがあるのかといったことや、玄米の何が良いのかといったことについて紹介をさせて頂こうと思います。

玄米と白米の栄養素比較

玄米と白米の栄養素の比較をしてみたいと思います。

五訂日本食品標準成分表
引用:無農薬のススメ( 『五訂日本食品標準成分表』参照)

このようには玄米の方がカロリーは低いのにも関わらず、白米よりもほとんどの栄養が高い事がわかります。

栄養が2倍から最大7倍まで違うというのは魅力的だと言えます。

また白米とは玄米の糠(ぬか)の部分を精米したもので、糠(ぬか)の部分に栄養素が含まれているので、精米することで栄養素が激減すると言う事が挙げられます。「粕」という字は米に白いと書いて「カス」と呼びます。

つまり白米は精米することによって栄養がないため残りカスとも言われています。

また玄米は「完全栄養食」と呼ばれているのかという理由については、身体の健康には必要不可欠な栄養が全て含まれているから「完全栄養食」と呼ばれています。

またその中で玄米は「ビタミン」「ミネラル」が豊富に含まれており、体内の毒素などを取り除いてくれるデトックス効果もあります。

玄米の美容・健康のメリット

玄米のメリットについて下記で紹介をさせて頂きますが、玄米には美容や健康に対して効果的な栄養が豊富に含まれています。

便秘改善に効果

便秘改善
玄米には便秘改善に効果があります。

その理由は玄米には食物繊維が豊富に含まれているからです。

食物繊維といっても「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類の食物繊維が含まれており、この2つの食物繊維によって腸内を整えてくれて、便秘を改善することが出来ます。

ダイエット効果

ダイエット
玄米は低GI食品なので血糖値の上昇が緩やかで脂肪がつきにくいと言う事があります。

そのためダイエットに向いているのですが、ダイエットをしている方でも栄養バランスは必要です。

ですが玄米には栄養が沢山含まれているため、栄養バランスの良い玄米がダイエットに効果的です。

ダイエットについて詳しく知りたい方は雑穀米と玄米の違いは?ダイエットや糖尿病におすすめなのはどっち?
を御覧ください。

老廃物のデトックス効果

デトックス
玄米にはフィチン酸という毒素が含まれています。

デメリットだけを見てみると体内に必要な栄養を吸収してしまうのですが、あらゆる物を吸収するため老廃物なども吸収してくれる効果があります。

そのためメリットとして老廃物などの毒素を取り除いてくれます。

美肌効果・アンチエイジング

アンチエイジング
フィチン酸によって老廃物が体外に出る為、体内の毒素を取り除く事が出来て美容効果などもあります。玄米の美容健康へ効果については、【女子大生の肌状態に及ぼす発芽玄米の影響】でも2ヵ月間検証されています。

女子大生の肌状態に及ぼす発芽玄米の影響
”「肌が荒れている」「化粧ののりが悪い」「肌の色が黒い」などの症状については80%以上が改善を示した。新しくできるニキビが減少し、ニキビ跡の赤みが薄くなる効果が表れた。また「便が硬い」「排便回数が少ない」「排便に時間がかかる」などが認められたが、摂取後は便秘症の80%以上の被験者に、規則的な毎日の排便あるいは週4回以上の排便が認められ、便秘の解消が確認された」”

引用:日本食生活学会誌【女子大生の肌状態に及ぼす発芽玄米の影響】

玄米を食べ始めた人の口コミ

女性 30代

元々便秘気味だったこともあり、健康のために毎日ではなく、週に2,3回を目安に玄米を食べていた。そんな生活を続けて2か月ほどたった時、意識しなくても毎日便が出るようになっていた。玄米のおかげでお通じが良くなり、体質改善ができました。

男性 30代

少しの量でも満腹感を得ることができたため、全体的な食生活バランスが整ったように感じました。お通じがよくなったり、アレルギー肌が少し綺麗になったりしてきました。

女性 20代

玄米を食べ始めるようになってから、肌荒れをしなくなり、便秘も解消されました。食事量は減らしていないのですが、3食玄米を食べていたら、2ヶ月で3キロ痩せました。

20代 女性

健康に良いことをしているという気持ちにはなれたが食べたときに口の中がぼそぼそしておいしくなかったので、食事が楽しくなくなった。2割ほど白米を混ぜることで食べやすくなりました。

上記の口コミのように毎日玄米を食べる必要がなく、白米の置き換えをするだけでも効果があることが分かります。

また玄米だけでは食べられない方でも白米を混ぜながら食べる事によって、効果は出てくるのでおすすめです。

玄米食のデメリット・注意点

デメリット
食べ過ぎはお腹にも良くない
玄米がいくらダイエットや健康にいいからといって、食べ過ぎては栄養バランスも悪くなり太ったり、下痢を起こしたりするデメリットがあります。またデトックス効果や、消化不良により食べすぎや胃腸の弱い人は下痢を起こす可能性があるため注意をしなければいけません。

炊くまでの時間がかかる
玄米は浸水時間が白米と長いので、面倒くさがりの方や、忙しい方にとってはおススメすることは出来ません。

美味しくない
白米と比べると玄米は硬くパサパサしているので美味しくないというデメリットがあります。

まとめ

如何でしたでしょうか?

今回紹介させて頂いたように玄米と白米では栄養成分がかなり違い、美容や健康には玄米はかなり効果があることが分かったと思います。

玄米だけでは不味いと思っている人でも白米に混ぜたり、玄米で作ることのできるレシピなどもありますので是非今回紹介させて頂いたことを参考にしてみてください。

 

金芽ロウカット玄米(無洗米) 4kg【2kg×2】
東洋ライス株式会社
¥ 2,800(2018/11/02 14:41時点)

コメント