玄米茶の効能が凄い!ダイエット・美容・健康にいい5つのメリット

玄米茶
あなたは一日の間にどれくらいのお茶を飲みますか?

今ではスーパーやコンビニでいろんな種類のお茶を目にしますが、何かこだわりを持ってお茶を選んでいますか?

お友達と、仕事の合間に、スポーツのあとに、一日の中でお茶を飲むことって昔より手軽ですよね?

そんなお手軽なお茶。

実は美容や健康に良い成分をたくさん含んでいるのです。

中でも今回は「玄米茶」の効能に注目しました。手軽に飲めるということは、「習慣化」もしやすいですね。

ぜひあなたのキレイにお役立てください。

玄米茶とは

玄米茶
玄米茶とは、番茶を加熱したものと、蒸して炒った玄米を同量ずつ混ぜてできたものです。

味は全く違いますが、緑茶、日本茶の一種とされています。

あっさりして、香ばしい香りが特徴です。

玄米茶を入れるときには、沸騰したお湯で短時間で抽出するとおいしい玄米茶ができます。

あまり濃くなると、渋みが出て美味しさを失います。

そして玄米茶の良し悪しは、茶葉ではなく玄米の質によるものです。

玄米の多くはもち米を使用しています。香ばしい良い香りは玄米からきてるのですね。

玄米茶の栄養素は? こんな人にオススメ

オススメ
香ばしくてあっさり味、飲みやすそうな玄米茶ですが、栄養成分も他のお茶に負けず、優秀です!

美容と健康にも期待できそうな玄米茶。こんな人にオススメです!

イライラ、ストレスを感じている人に

ストレス
太「成分 γ(ガンマ)-オリザノール」

γ(ガンマ)-オリザノールは自律神経の調節を行います。

うつ病の治療にも良いとされ、ストレスによる過労や不眠、更年期障害など、自律神経の働きが正常になることでこれらの症状が緩和され、

イライラが少なくなると言われています。

便秘解消 ダイエットしたい人に

美容・ダイエット
「成分 ビタミンB2、B6、C、ナイアシン、葉酸、銅、マンガン」

玄米には便秘解消に必要な「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」が多く含まれています。

    • 水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は、善玉菌を増やし、腸内環境を

整える働きがあります。 また腸内の水分を取り込んで、

便と混ざり柔らかくする効果があります。

    • 不溶性食物繊維

不溶性食物繊維とは、溶けない食物繊維のことです。

消化管で溶けず、吸収されずに大腸まで届き、

腸を刺激して便通を良くしてくれます。

    • フィチン

玄米についている外皮に含まれるフィチンには、

体内の有害物質のデトックスに効果があります。

排泄作用や整腸作用等の便秘改善効果があります。

美容効果・老化防止したい方へ

美容・アンチエイジング・老化防止
ビタミンE

ビタミンEには、抗酸化作用があります。

血行促進、老化防止効果があるとされており、お茶類にはビタミンEが多く含まれています。

また、メラニンの沈着を抑え、シミを防いで紫外線を防御するなどお肌に良い成分です。

お茶類、植物性油脂、アーモンドなどがビタミンEを多く含みます。

生活習慣病予防効果 ~最近ちょっと体が重いな、と感じる人に~

生活習慣病
「成分 アミノ酸(GABA) ポリフェノール(γ-オリザノール)」

    • アミノ酸(GABA)

アミノ酸(GABA)の効果は血圧を下げる作用と、不安な状態になった精神をリラックスさせ、落ち着かせる作用があります。

脳の血流を促し、代謝を活発にする作用もあります。

リラックス効果、安眠効果、コレステロール低下、血圧安定、肝臓、腎臓機能の働きを促す効果があります。

    • ボリフェノール(γ-オリザノール)

ポリフェノールに含まれるγ-オリザノールとは米ぬかなどに多く含まれる成分です。

血中脂質を低下させ、更年期症状の緩和など、とても多くの良い効果があります。

γ-オリザノールは、自律神経のバランスを整える作用があり、多くの人が悩む肩こりや眼精疲労、腰痛などの症状を改善する効果があります。

また、自律神経の働きに効果があり、更年期の不快な症状を抑えてくれます。

腸内環境改善効果 ~年齢とともに 病気が気になる人に~

「成分 水溶性植物繊維  ビタミンB、E」

    • コレステロール抑制効果

水溶性植物繊維はコレステロールを体外へ排出させる働きがあります。 腸内環境を改善するためには、水溶性植物繊維の摂取がとても大きな効果をもたらします。

    • デトックス効果

玄米には、血行促進、代謝アップとされるビタミンB、ビタミンEが多く含まれています。

血糖値を下げたり、血圧の上昇を抑えたりする働きがあるので、腸内環境改善、生活習慣病に大きな効果をもたらします。

玄米茶の副作用は?注意点について

副作用
成分 ビタミンE
玄米茶もお茶なので、もちろん少量のカフェインが含まれています。

そこで、玄米茶を飲みすぎると体に心配?という方もいらっしゃるのでは?

まずは、玄米茶の副作用やデメリットについて考えてみましょう。

いろんなお茶の100ml中のカフェイン量

玉露 120mg
コーヒー 90mg
抹茶 30mg
紅茶 20mg
ほうじ茶 20mg
ウーロン茶 20mg
緑茶 20mg
玄米茶 15mg
麦茶 0mg

比較的玄米茶のカフェインは玉露やコーヒーに比べ微量なようです。

一般的に飲みやすく、体に良い成分も含まれているのでぜひ飲み続けよう!という人もいらっしゃるでしょう。

カフェインの具体的な副作用

不眠(反作用として起こります) めまい 焦燥感 神経質
頻尿(反作用として起こります) 筋肉のふるえ パニック障害 免疫力・回復力の低下

妊婦さんは飲んでも大丈夫?おなかの赤ちゃんへの影響は?

赤ちゃん 妊婦
便秘や太りやすくなってしまう妊婦時期にも玄米茶はおすすめです。
しかしカフェインを控えなくてならない妊婦さんや産後のママは飲んでも良いのかという質問もあります。

ほうじ茶 玄米茶はカフェインがはいっていますか?
妊婦はカフェインがよくないと聞きましたがお茶だとどんなお茶がいいでしょう?
知恵袋

カフェインが赤ちゃんに与える影響
妊婦さんの体にカフェインが送られると胎盤を通して胎児にもカフェインが送られます。

そして胎児の体内に残ったカフェインが胎児を覚醒、興奮させてしまい、発育障害等の原因となってしまいます。

母親への影響
妊娠中に不足しがちなカルシウムや鉄分が利尿作用によって排泄されてしまい体に吸収されないことです。

妊娠中にとても大事な栄養素が利尿作用で流れてしまう恐れがあるということです。

では、妊婦さんや授乳中のママたちが玄米茶を飲むときに気をつけるべき注意点について考えていきましょう。

玄米茶を飲むときに気をつけること


日常生活を送る上でお茶を全く口にしないという考え方は現実的ではないですよね?

それに、カフェインは色々な食べ物にも含まれています。

飲食をするたびに、カフェインのことを考えるのは逆に憂鬱(ゆううつ)になってしまいます。

大事なことは、摂取量を超えないことです。

摂取量(カフェイン)が体に影響しないようにすること

玄米茶はカフェイン量がコーヒーなどに比べてとても低いです。 いちいち考えながら飲むということはありません。

では、摂取量をどれくらいに抑えたら良いのでしょうか?

専門家や医師の意見を参考にすると、カフェイン量は一日約200㎎以下のようです。

【1日当たり200mg以下のカフェイン摂取は、生殖や出産前症状を誘発・悪化するとの証拠は見当たらない。従って、妊娠中のカフェイン摂取量は、この範囲
内に留めるべきである。】
引用:東京福祉大学・大学院紀要 第7巻 第2号

玄米茶に換算すると、150㎎のコップで一日に約10杯くらいなりますが、1.5リットルはかなりの量になります。

他のものからもカフェイン摂取することを考えると、1日5杯くらいに抑えておいた方が良いでしょう。

妊婦さんでなくても、玄米茶を飲みすぎて体に悪いというようなことはほとんどありません。

でも冷たい飲み物をがぶ飲みするというようなことは、胃腸が冷えてお腹を壊す心配がありますので、気をつけて飲みましょう。

玄米茶の入れ方

淹れ方
お茶の入れ方は種類によって大切にすることも様々。

玄米茶は特に「香り」を楽しむお茶です。かしこまった場所ではなく、普段使いの急須で玄米茶を美味しく入れる方法をご紹介いたします。

玄米茶・番茶・ほうじ茶のおいしいいれ方

通常2人~3人分のお茶を入れる急須350ccくらいのものを用意します。湯呑みはマグカップなどでも大丈夫です。

急須の淹れ方

  1. 大さじ1杯(約5~6㌘)の玄米茶の茶葉を急須に入れます
  2. 適量の熱湯を急須に入れる(約90度から95度)入れる量は湯呑みに合わせてください
  3. 湯呑みに注ぐ(最後の一滴まで注ぐ)※濃さが同じになるように回しつぎをします。
  4. 二煎目は、お湯を注いで10秒ほどで注ぎます。

玄米茶は、一煎目は玄米の香ばしい香りを楽しみ、二煎目は、本来の味を楽しみましょう。二煎目はすぐに注いで、次は茶葉を取り替えましょう。

冷水で玄米茶の作り方
冷たい玄米茶
冷水を使って作る玄米冷茶の入れ方をご紹介いたします。

  1. 玄米茶15㌘ほどをパックに入れ、ポットに玄米茶と  冷水1㍑を注ぎ、冷蔵庫で約5時間程度、好みの濃さになるまで置く
  2. 終わったら玄米茶は取り出す、できた玄米冷茶は早めに飲みきる

玄米茶は色々な食事に合います。 和洋を問わず色々なお菓子とも合いますので、ぜひお菓子のお供にも試してみてください。

玄米茶の効能のまとめ

玄米茶の効能、いかがでしたでしょうか?

玄米茶は生活習慣病、ダイエット、美容、リラックス効果など、色んな効果を発揮してくれる栄養素たっぷりのお茶ではないでしょうか?

気をつけなくてはならない点についてもいくつかご紹介いたしましたが、何事にも中庸でいることが大事ですね。

行き過ぎ、やり過ぎ、または絶対~すべき、と言った健康法はなかなか長続きできません。

玄米茶の多くの栄養素を十分に活かすには、程々の量と、継続が大切ですね。

お値段もお手頃でかんたんに手に入る玄米茶を是非楽しんで味わってください。

コメント