主治医が見つかる診療所式 腸内細菌を超よくする方法で、毎日気分もスッキリ!

腸内細菌を超よくする方法で、毎日気分もスッキリ!

腸内環境をよくしましょう! とは、健康やダイエットに興味があまりなくてもよく聞く言葉です。

雑誌やテレビでもよく特集される健康やダイエットに関することになると、必ずといっていいくらい腸内環境というキーワードがでてきます。

実際に腸内環境は健康にもダイエットにもとても大切なものなので、毎回のように登場するのも当然といえるキーワードです。

私も毎回放送が自動録画になっているテレビ番組「主治医が見つかる診療所」で、腸内細菌を超よくする方法として放送されていました。

腸と腸をかけるというのが、面白いですよね。健康にもダイエットにも最適な、腸内細菌を超よくする方法をまとめてみました。

主治医が見つかる診療所:腸内細菌を超よくする方法(2018年5月31日放送)

腸内の菌とはどんなもの?

腸内の菌とはどんなもの?

腸内環境には1,000兆個にもなる、莫大(ばくだい)な数の腸内細菌が住んでいます。直接目に見えるものではありませんが、桁が違う膨大な数ですよね。

それぞれのグループごとに分かれてお花畑のようにまとまってい腸内細菌は、腸内フローラ、または腸内細菌叢(さいきんそう)と呼ばれています。

グループとはどのように分かれているかというと、善玉菌、悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)という大きく3つに分類です。

善玉菌、悪玉菌は腸内環境というとよく耳にするキーワードですので、聞いたことがあるのではないでしょうか?

カンタンにですが、3つの菌について少し紹介します。

腸内環境の3つに分類される菌

腸内環境に住んでいる3つの菌のグループです。

【善玉菌】

ビフィズス菌、乳酸菌、フェカリス菌といった菌です。

乳酸や酢産、酪酸を産生して悪玉菌の増殖と侵入を防いでくれます。腸の運動をうながしておなかの調子を整えてくれる有能菌です。

【悪玉菌】

ウェルシュ菌、大腸菌(毒性株)、ブドウ球菌といった菌です。

ガスや腐敗物質を生成するので、悪臭の元に。便秘や下痢といったおなかの調子が悪くなる原因となる有害菌です。

【日和見菌(ひよりみきん)】

連鎖級菌や大腸菌(無毒株)といった菌です。

善玉菌、悪玉菌の優勢な方に加担するという、人間社会にもいる少しひねくれた菌で、平素無害菌です。

それぞれの最適な菌のバランス

善玉菌、悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)と紹介しましたが、それぞれの最適なバランスというものがあります。

最適なバランスを次の通りです。

  • 善玉菌:2
  • 悪玉菌:1
  • 日和見菌(ひよりみきん):7

善玉菌がいいといっても一番多いのではなく、中立で優位な方に加勢する日和見菌(ひよりみきん)が一番割合が多いのは意外という方もいるのではないでしょうか?

善玉菌が多ければいいというわけではなく、腸内細菌はバランスがとても重要ということですね。

番組内で紹介された超悪玉菌とは?

番組内で紹介された超悪玉菌である、毒素産生型フラジリス菌。

私がこれを見てすぐに思い浮かんだのが、ドラゴンボールでいうところの「超 = スーパー」です。悪玉菌でも悪という感じがするのに、超が付くことでさらに悪いものという感じがしますね。

毒素産生型フラジリス菌はどんな菌かというと、腸内の粘膜を傷付けてがん化させる可能正のある菌。現時点での最新統計である2017年で、女性1位、男性3位と多くの死亡原因となっている、大腸がんのリスクを上げる菌の1つです

国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」

 

誰でも持っている菌ではありませんが、日本人の1割、約1,000万人もの人がこの菌を持っています。(辨野博士らの研究)

菌があるからといってがんに直結はしませんが、毒素産生型フラジリス菌を増やさないということがとても重要です

ヨーグルトの食べ方で損していませんか?

ヨーグルトの食べ方で損していませんか?

腸内環境をよくしようとして多くの方が思いつくのが、ヨーグルト。

善玉菌である乳酸菌、ビフィズス菌を多く含みますので、ど真ん中の正しい選択の食べ物です。なんですが、食べる順番でその効果に大きな違いがあるのを知っていましたか?

普通に食べておいしいヨーグルトですが、もし食べ方で損しているとしたらもったいないですよね。

ヨーグルトの食べる最適なタイミング

ということで、ここで1つ質問です。ヨーグルトの食べるタイミングとして最適なのはいつでしょう?

  1. 食前
  2. 食後

答え:2.食後

これは多くの人というか、ほとんどの方が食前というか、一番真っ先にヨーグルトを食べているのではないでしょうか?

なぜ食後の方がいいのかというと、しっかりとした理由があります。

食前、最初にヨーグルトを食べると、胃酸で多くの乳酸菌が死んでしまう恐れがあるのが理由です。せっかくの食べた乳酸菌が死んでしまっては、あまり意味がありません。

食前ではなく食後に食べると何がいいかというと、先に食べたもので胃酸が薄まっているので、乳酸菌が死なずに腸まで届きやすいというのが理由です。

理由を知ってしまうとなるほどねという感じですが、せっかくヨーグルトを食べるのであれば、しっかり乳酸菌が腸まで届く食べ方をしましょう。

ヨーグルトを食べる最適なタイミングは食事の最後! その理由は乳酸菌を行きたまま、よりたくさん腸に届けるため!

ヨーグルトの乳酸菌をより増やして活性化させるには

項目名と同じですが、ヨーグルトの乳酸菌とより増やして活性化させる方法が、2つあります。

【方法1】朝食べるヨーグルトは前日に冷蔵庫から出して常温にする

常温にすることで乳酸菌が増えます。

※キチンとフタやラップをした密封状態必須!

【方法2】温かい食べ物にヨーグルトを後のせする

温かい食べ物の熱で温められることで、乳酸菌が活性化します。

※ヨーグルトを温める温度の目安は40℃くらい

温かくしすぎてしまうと逆に乳酸菌が死んでしまいますので、温める程度というのがポイントです。

私のオススメはホットケーキですよ。いろいろと試したのですが、試した中で一番おいしく食べられたのがホットケーキでした。

番組恒例のズボラメニューも駆使しましょう

ズボラメニューでなるべくラクして腸内細菌改善

ヨーグルトの他にもこの番組恒例となっている、ズボラメニューでも腸内環境を改善することも可能です。

ズボラ腸活の極意として紹介されていたものから、特にズボラでカンタンなメニューを2つ紹介します。

【その1】入れるだけ食物繊維ご飯

米1合に対して、粉寒天1gを入れて炊飯する

粉寒天を入れるだけととてもカンタンなのに、普通にご飯を食べるよりも食物繊維が摂取できる食べ方です。

少し欲張って粉寒天をたくさん入れてしまうと食感が少し変わってしまいますが、1合に対して1gではいわれても分からないレベルです。

普通に食べられて食物繊維が摂取できるという、まさにズボラな食物繊維ご飯です。粉寒天はスーパーの粉物コーナーで見つけられますよ。

 

【その2】エゴマ油のちょい足しで善玉菌アップ!

スーパーで当たり前のように販売されているエゴマ油。このエゴマ油をおかずや味噌汁などと汁物に小さじ1杯かけて食べます。

エゴマ油は善玉菌のエサになりますので、かけて食べるだけで善玉菌を増やすことができます。正にズボラメニューといえますよね。

エゴマ油はいろいろな番組でカンタン過ぎるのに有能な効能が放送されたので、スーパーからエゴマ油が全て消えるということが起こりました。

私もですけれど、スボラというとかラクしたいというのは、やはり共通ですよね。

頑張らないとダメなことは頑張らないとだめですが、ラクできることは可能な限りラクをするのが賢い方法です。

 

腸内環境は番組でも紹介されていたようにちょっとの気遣いで改善できます。腸内環境が改善されると悪かった方ほど、スッキリ度がとても高いです。

腸内環境を超よくする方法で、毎日スッキリしてしまってください、

 

以上が『主治医が見つかる診療所式 腸内細菌を超よくする方法で、毎日気分もスッキリ!』についてでした。

 

腸内細菌である善玉菌、悪玉菌について別途まとめています。よろしければこちらも合わせてご覧ください。

 

ホコニコの「ラクトフェリン+乳酸菌

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌 高品質ラクトフェリン300mg配合
ビフィズス菌 & フェカリス菌
酸に負けない耐酸性カプセル
高品質なのに財布にやさしい
植物性カプセルで小さな子も安心
とにかくスッキリ! を体感してください

詳細はこちら

コメント