腸内環境改善にヨーグルトのススメ! 目的別の選択と食べ方で、更に効果がアップ!

腸内環境改善にヨーグルのススメ!

普段から定期的に食べられている方も多い、ヨーグルト。

ヨーグルトには一体どんなイメージがあるでしょうか?

よく聞く乳酸菌、ビフィズス菌など菌の中でも良い菌の名前をよく聞くため、体に良いものという認識の方が多いですよね。

便秘解消のために、腸内環境がよくなるからと、毎朝食べている方も多いのではないでしょうか?

実際ヨーグルトは体に、特に腸内環境に有益な食べ物なのですが、もっとこうしたら効果がでるのにもったいない ! という食べ方をしている方も多くいます。

せっかく食べるのであれば、よりよい効果や結果を得たいと考えるところです。

そこでヨーグルトの効果は実際はどんなものなの? から、いつ食べるのが効果的であるなど、気になる点をまとめてみました。

 

腸内環境について別途記事にしていますので、よろしければこちらも合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

ヨーグルトの効果とはなんですか?

ヨーグルトの効果とは?

いわゆる健康食品として食べられることの多い、ヨーグルト。

ではヨーグルトの効果はどんなもの? と聞かれると、どのような効果があるかと明確に答えられる方は少ないですよね。

なんとなく発酵食品だから体に良さそう、ある方は便秘改善、別の方は花粉症の症状改善とさまざまです。これはある意味で当然なことで、ヨーグルトの種類の多さが理由です。

一概に同じヨーグルトといってもその効果は異なりますので、目的とする効果が期待できるヨーグルトを選ぶのがより効率的になりますよ。

ヨーグルトで期待できる効果

一般的な市販ヨーグルトに含まれている菌による効果は以下の通りです。

菌の名前(一般名称) 期待できる主な効果
乳酸菌 整腸作用
ビフィズス菌 整腸作用
アレルギー症状改善
R-1 免疫力の向上
風邪、インフルエンザ予防
LG21 ピロリ菌の活動を抑制
PA-3 血清尿酸値の上昇を抑制
LGG アトピー予防効果
花粉症症状軽減
ラクトフェリン 貧血の改善
免疫力を高める
ビフィズス菌増殖作用
ロイテリ 歯周病、虫歯予防
免疫力を高める

ヨーグルトにどんな菌が含まれているかは、各商品の売り文句としてパッケージに記載されています。ヨーグルトのパッケージはよく見るとなかなか情報があって面白いですので、スーパー、コンビニなどで手に取って見てみてください。

同じヨーグルトだからと、全てに効果的な菌が含まれているわけではありません。期待する効果に合わせて選びましょう。

乳酸菌とビフィズス菌の違い

ヨーグルトといえばよく聞く、目にする乳酸菌やビフィズス菌。同じものではないの? や、同じものと説明されている場合がありますが、少し異なります。

乳酸菌とビフィズス菌のその違いとは…

  • 乳酸菌 = 乳酸を作る
  • ビフィズス菌 = 乳酸 + 酢酸を作る

その他、ビフィズス菌は私たちの体の中にもともといる菌であるなどの違いもあります。

ビフィズス菌が必ずヨーグルトには含まれているというわけではありませんので、パッケージを確認してみてください。

ヨーグルトにはどんな種類があるの?

ヨーグルトの種類

ヨーグルトは効果もさまざまであるように、その種類も多くあります。スーパーやコンビニなどでヨーグルトを見ても1つ2つではなく、二桁にせまる種類を見ることができます。

まず大きくヨーグルトといっても食べるヨーグルト、飲むヨーグルトがあります。その効果用途にも食べると飲むとでは違いがありますから、今回は食べるヨーグルトに限定として説明します。

食べるヨーグルトの種類

食べるヨーグルトと一概にいっても、含まれる菌が異なるように、以下のような違いがあります。

  • 無糖、無香料のヨーグルト
  • フルーツが含まれているヨーグルト
  • タピオカなどが含まれているヨーグルト
  • 加糖、香料を含むヨーグルト

どのヨーグルトもそれぞれのよさがあり、かつおいしいと魅力がいっぱいにあります。なんですが、ヨーグルトの効果をより効率的にと考えると、無糖、無香料のヨーグルトをオススメします。

期待する効果としてムダなもの、必要ではないものが含まれていないというのがその理由です。

加糖、香料を含むヨーグルトは特にその効果よりも、デザートような嗜好品(しこうひん)の要素が強くなります。ヨーグルトの効果を最大限にと考えると、無糖、香料を含まないものを選びましょう。

ヨーグルトはいつ食べるのがいいの?

ヨーグルトはいつ食べる?

同じヨーグルトを食べるのであれば、いつ、どんなタイミングで食べるのがより効率がいいのか気にはなりませんか?

朝食として食べる方が圧倒的に多いでしょうけれど、より効果的にとなると、夜食べるのが効果的です。これは腸内環境が活発になるのが、夜であるのが理由です。

腸内環境が活発な時間帯に合わせて食べた方がより効果的というわけです。ただし、寝る直前というわけではなく、就寝3時間前には食べ終えておきましょう。

胃の中に大量に食べ物があることは胃が活発に動くことで寝付きずらい理由にもなりますし、脂肪も蓄積されやすくなります。

せっかくのヨーグルトの効果も、寝付きずらく脂肪が蓄積される = 太りやすいとなってしまうのは本末転倒です。結果的に効果がない! となりますから…。

食べるタイミング

腸内環境が活発になる夜にヨーグルトを食べた方が、効率的と先に記述しました。では、食べるタイミングは食前、食後のどちらがいいでしょうか?

どちらがいいかといえば、食前ではなく、食後に食べることをオススメします。これは食前に食べてしまうと、何も食べ物がない状態で胃に入ることで、胃酸によって菌が死んでしまうからです。

食後で先に他の食べ物が胃の中にあることで、菌が胃酸にやられずに腸内に届きやすくなります。腸内に届けるのが目的ですので、ヨーグルトは食後に食べることをオススメします。

カルシウム、満腹感を得るには食前の方がよいという説明もありますが、ヨーグルトの効果の意義ということを考えると、食後の方がより効率的です。

より効率的というのが前提ですので、無理に夜、食後に食べる必要はありません。継続しやすい食べ方が朝であれば、継続を選択してください

効果を上げる一工夫

よりヨーグルトの効果を上げる一工夫があります。ヨーグルトは購入後に冷蔵保存しますが、食べる前に冷蔵庫から出しておくというものです。

冷蔵保存されて抑えられていた菌の活動が増え、より増えるということですね。とはいえ市販ヨーグルトは冷蔵保存されていることが前提で販売されていますので、食べる30分程度前に出すので十分です。

すでに開封済みで口をつけているものは雑菌も増えますので、未開封のヨーグルトで行ってください。1度に食べ切れる個別サイズのヨーグルトがおすすめです。

口をつけているものは雑菌が増えますので、やってはダメです!

ヨーグルトが苦手な場合はどうする?

ヨーグルトは効果的ないいなぁ〜と感じつつも、乳製品アレルギーで食べることができない。乳製品アレルギーではないけれど、ヨーグルトは好きではないという方もいらっしゃいますよね。

そういう場合はどうすればいいのか…。これはズバリ、「別のもので代用する」です。そう。無理にヨーグルトにこだわる必要はありません。

無理して食べるということをしてしまうと、せっかくのヨーグルトがより嫌いなものとなってしまいます。

毎日、毎食はもともと必要ありませんが、定期的に食べることでヨーグルトの効果を得ることができます。1回食べたら効果がてきめん! というものではありません。

他の発酵食品や、効率を最大に求めるのであれば、サプリメントを視野に入れるというのがいい選択ですよ。

食はツラくて無理して食べるよりも、楽しく無理のないようにです。

継続できないものは、最初からしないほうがいいです

せっかく食べるヨーグルトはより効果的に!

ヨーグルトはより効果的に!

ヨーグルトについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

一口にヨーグルトと言ってもいろいろな種類や、期待できる効果に違いが大きくあります。ですからヨーグルトの選択、食べ方次第で、期待とは異なる場合なども…。

せっかくヨーグルトを食べるのであれば、なんとなく良さそうではなく、期待通りの効果がでるような食べ方をしてみてください。

もともとヨーグルトはおいしい食べ物ですが、おいしいだけでなく、あなたにとってもっと効果的で効果的な食べものにきっとなりますよ!

 

以上が『腸内環境改善にヨーグルトのススメ! 目的別の選択と食べ方で、さらに効果がアップ!』についてでした。

 

日本人にぴったり!「生命の乳酸菌

熱に負けない7種の耐熱性乳酸菌
特許製法カプセル
だから内側からキレイ
より効率的 & ヨーグルトが苦手な方の
毎日のキレイ週間に!
※注文前に継続規約回数だけ要チェック

詳細はこちら

コメント