ルイボスティーの効果効能は?奇跡のお茶とよばれる11の理由

ルイボスティー
ルイボスティーは、美容や健康に意識の高い女性に特に人気のお茶です。さまざまな効果が期待できるのは事実なのですが、「体に良さそうだからなんとなく飲んでいる」という方も多いのではないでしょうか。

ルイボスティーはノンカフェインのため、カフェインが気になる人や、赤ちゃんから妊婦さんまで飲める安全なお茶です。有名な効果としては、むくみ解消や便秘解消といったものがありますが、ほかにも驚きの効果があることをご存知でしょうか?

そこで今回は、健康志向でますます人気が高まるルイボスティーの効果的な飲み方まで、コレを読めば今すぐルイボスティーを飲みたい!と感じる情報を一気にまとめました。

健康志向で、ますます人気が高まるルイボスティーの人気の理由をご紹介していきます。

ルイボスティーとは?

ルイボスティとは
ルイボスティーとは、南アフリカの先住民族によって数百年前に初めて飲まれ、シダーバーグ山岳地域のみに育つ植物から作られたお茶です。

その独特の赤い色から「レッド・ブッシュ」または「レッドティ」として知られており、美しい琥珀色で有名になりました。

香りはルイボスティー独自のハーブ系の香りがしますが、味はクセがなく渋みも少ないため、初めての方でも飲みやすいのが特徴です。

そして、今でも美容・健康面で幅広く効果が期待できることから、米国中のセレブ達をはじめ、世界中の健康志向の女性たちから不動の人気を誇っているお茶になります。

ルイボスティーの効果効能

ダイエット

ダイエット 痩せる ルイボスティー
ルイボスティーには、代謝をサポートしたり、便通を整える食物繊維が多く含まれています。

私たちの体の中に入った栄養素は、代謝によってエネルギーに変えられます。この代謝を良くすることで脂肪が燃焼されやすくなり、肥満の予防・改善につながります。

また、便秘はさまざまなことが原因で起こりますが、食物繊維は大腸のぜん動運動を促進し、便を出しやすくしてくれます。

特にダイエット中は食事の量が少なることで、腸内の水分だけでなく、便の量自体が少なくなり便秘になりやすくなります。

せっかくダイエットをしているのにポッコリお腹になんてなりたくありませんよね。そこでルイボスティーで食物繊維を摂取することで、スッキリとした体作りのサポートが期待できるんです。

もちろんルイボスティーを飲むだけというわけではなく、食事や運動などの基本的な生活習慣の見直しも重要ですよ。

便秘

便秘 ルイボスティー
上記でも説明した通り、ルイボスティー含まれる食物繊維は、便秘を改善する効果があります。

普段すわりっぱなしで慢性的な便秘であったり、女性特有の生理前の便秘などにとても効果的なのです。食物繊維によって大腸が刺激されると、ぜん動運動によって便が排出されやすくなります。

他にも、食物繊維には便を柔らかくする効果もあるため、便が硬く切れ痔になりやすい方にルイボスティーはとてもおすすめです。

便秘について詳しく知りたい人は便秘が治るルイボスティー、みんなの口コミは?効果的な飲み方を御覧下さい。

むくみ

むくみ
むくみは、塩分を摂りすぎた時や、アルコールを飲んだ時に起こりやすいと言われています。体の中のミネラルバランスが崩れてしまい、細胞内の水分量が増えてしまうことが原因です。

ルイボスティーには、そんな崩れてしまったミネラルバランスを整え、むくみを改善する効果のあるカリウムが豊富に含まれています。

特にアルコールを飲んだ時は、有害物質を排出するために尿をたくさん出すようになります。

この時に減っているのは水分だけでなく、体内のカリウムもどんどん減っていきミネラルバランスが崩れ始めていきます。

するとどうなるのか。

次の日顔がパンパンにむくむといった症状が現れるようになります。女性にとっては死活問題ですよね。

ですので、むくみを予防するためにお酒の後はお水ではなくルイボスティーを摂取することをおすすすめししています。

不足した水分とカリウムが摂取でき、むくみも予防できるという一石二鳥の効果を得られますよ!

むくみについて詳しく知りたい人はルイボスティーでむくみ解消できる?口コミ検証 飲み方・やり方を御覧下さい。

美容・アンチエイジング

ルイボスティー アンチエイジング 美容
老化の原因は、カラダのサビを作り出す「活性酸素」によって細胞が傷付けられてしまうことが原因とされています。

ルイボスティーには、この活性酸素を除去する働きのあるフラボノイドが含まれており、老化から体や肌などを守ります。

※フラボノイドとは
ポリフェノールの一種で、植物に含まれる色素、苦味、辛味成分です。多くが強力な抗酸化作用をもっておりサプリメントにも使われています。

活性酸素は普通に生活するだけでも、紫外線や排気ガス、タバコの煙などが原因で発生してしまいます。

ルイボスティーを摂るだけではなく、発生そのものの原因を取り除くことも意識して生活していくと、より効果が高まります。

アンチエイジングについて詳しく知りたい人はルイボスティーのアンチエイジング・美容効果を口コミ徹底検証!効果的な飲み方は?を御覧下さい。

バストアップ

バストアップ ルイボスティー

ルイボスティーがバストアップに直接効果があるかどうかは、まだ明らかになっていません。

ですが、妊活にルイボスティーが良い」という説もある通りルイボスティーには女性ホルモンを整える働きがあると考えられています。

正確にはルイボスティーに含まれるアスパラチンと言う物質が女性ホルモンと似た働きをしています。

そして実際に静岡大学の研究では、アスパラチンという物質に女性ホルモンの「エストロゲン」に似た作用があると報告されています。

女性ホルモンは女性らしいカラダを作るためには欠かせないもの。ルイボスティーを飲めばさまざまな効果が得られるかもしれませんね。

バストアップについて詳しく知りたい人はルイボスティーでバストアップはしない!?フードアドバイザーが教える正しい飲み方・やり方を御覧下さい。

冷え性

冷え性 ルイボスティー
冷え性の原因にはいくつかあります。

ビタミン・ミネラルが不足によりエネルギー(熱)を作り出せない場合も冷え性の症状がでます。またカフェインも利尿作用があり体を冷やすといわれています。

その上、カフェインを含んだ飲み物は、利尿作用で結局排出されてしまうので、水分補給としてはあまり意味がありません。

その一方で、ルイボスティーにはカフェインは含まれておらず、冷え性の人でも安心して飲むことができ、ビタミン・ミネラルも豊富なので、冷え性の方におすすめです。

さらにホットで飲めば、体を温める効果があるので、冷え性改善にも効果があると言えるでしょう。

二日酔い

二日酔い ルイボスティー 肝臓
二日酔いは、アルコールから作られるアセトアルデヒドという有害物質が体内に残っていることが原因で起こります。

それに加え胃腸や肝臓が弱っている時など、複合的な理由が重なることも原因となるようです。

ルイボスティーが二日酔いに効果があるかどうかということについては、はっきりと明らかにされてはいません。

とはいえ、ルイボスティーには多くのミネラルが含まれており、これらは老廃物を排出したり、アルコールを分解するために必要な栄養素でもあります。

さらに、口コミアンケートの結果では、ルイボスティーを飲んで二日酔いが改善されたと回答した人が多くいました。

このことからも、民間療法レベルで考えると効果は期待できるのではないかと思います。

抜け毛・白髪

抜け毛 白髪 ルイボスティー
抜け毛や白髪の原因ははっきりとは明らかになっていません。一般的には老化現象と考えるのが普通で、活性酸素が原因となっているのではないかと考えられています。

先ほどもお話しした通り、活性酸素は紫外線や排気ガスなどが原因で発生します。またストレスも原因となることがあり、若くても白髪になってしまう人がいる理由はこのことが原因かもしれません。

ルイボスティーは活性酸素を除去する「SOD酵素」とよばれるカラダのサビを落としてくれる抗酸化物質が含まれており、活性酸素が原因で起こる抜け毛や白髪には効果が期待できそうです。

しかし、実際に口コミを見ると、抜け毛や白髪にあまり効果が出なかったという人が多い印象を受けます。

これは、ルイボスティーが活性酸素を抑える効果があっても、どうしても薬ではないため即効性は実感しにくいのが原因かと思われます。

白髪の改善を望む場合、ルイボスティーを1日1杯は飲み続けることが結果に繋がりそうです。

血糖値・糖尿病

血糖値 糖尿病
ルイボスティーに含まれる抗酸化物質には、血糖値改善の効果があると言われています。

血糖値が関係する病気といえば糖尿病ですが、糖尿病の原因は主に加齢や遺伝、食事がありますが、それ以外にも活性酸素が原因だと考えられています。

ルイボスティーを飲むことで、この活性酸素を除去する抗酸化物質を摂ることができ、血糖値の改善が期待できます。

一方、食物繊維には血糖値の上昇をゆるやかにする働きがあると解明されています。食事の前にルイボスティーを飲んでおけば、急激な血糖値の上昇を抑えられるでしょう。

アトピー・アレルギー・花粉症

不妊 アトピー アレルギー
口コミを見ると、ルイボスティーを飲んでアトピーやアレルギー、花粉症が改善されたと回答された方もいます。

実際に行われた研究では、アトピー性皮膚炎の患者にルイボスの葉15gの抽出物を投与したところ、半数以上に改善が見られたと報告されています。

また経口投与だけではなく、ルイボスのティーパックを入れたお風呂に入浴するだけでも、皮膚炎やニキビの症状が改善できるというデータもありました。

味が苦手な人は、お風呂に入れて患部に直接触れさせるという形でも良さそうですね。ただし、アレルギーが出る可能性もあるため、アレルギー体質の方は、初めは少量から始めるようにして下さい。

不妊

ルイボスティー 不妊
ルイボスティーは、妊活をしている女性にとても人気です。

ルイボスティーが直接妊娠に影響しているとははっきりと断言できませんが、「ルイボスティーを飲み始めて妊娠できた」と感じている女性もおり、口コミで噂が広がっている印象です。

先ほどもお伝えしましたが、ルイボスティーに含まれるアスパラチンという物質に、女性ホルモンの「エストロゲン」に似た作用があると報告されています。

このホルモンの働きは卵子の老化防止・子宮内膜を厚くする働きがあり、妊娠をサポートしてくれると考えられています。

まだまだ解明されていない部分も多いですが、これから研究が進むにつれて、妊娠とルイボスティーの関係も明らかになってくると思います。

ルイボスティーを飲んだらダメな人はいる?

ルイボスティーはカラダにお茶ですが、100人中100人にメリットがあるわけではありません。

合わない体質の人や飲まない方がいい人もいますので注意点を含めてご紹介していきます。

高齢者の方

高齢者
ルイボスティーはカフェインレスなので、お年寄りにも優しいお茶と言われています。

しかしルイボスティーに含まれるカリウムには、水分と塩分(ナトリウム)のバランスを整える利尿作用があります。本来はデトックス効果もあるので問題ありません。

しかし高齢者は膀胱の収縮や内蔵機能低下によりただでさえ頻尿になりやすいため、体調に合わせて飲む量に注意しましょう。

豆アレルギーの方


あまり知られていませんが、ルイボスティーは豆科の植物です。

「大豆」、「小豆」、「枝豆」などの豆でアレルギーを起こす方には注意が必要です。

アレルギー症状
湿疹、胃痛、蕁麻疹、腹痛、下痢、息苦しくなる

ルイボスティーを飲んでこれらの症状が出た場合は、すぐに飲むのをやめ、ひどい場合は医師の診断をうけましょう。

ルイボスティーで副作用が出る場合もある?

いろいろな効果があって体に良いルイボスティーですが、ほんとにメリットしか無いの?と思われ方もいるのではないでしょうか?

ここではルイボスティーの注意点やデメリットについて説明していきます。

飲み過ぎによる過剰摂取

ルイボスティー 過剰摂取
ルイボスティーにはカリウム・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・銅など豊富な栄養成分が含まれております。

飲み過ぎることでのデメリットについてご紹介いたします。
過剰摂取の副作用

カリウム 健康な状態であればカリウムの過剰摂取は特に問題ありません。多く取りすぎた分は尿と一緒に排出されます。腎機能に障害がある場合は、尿と一緒に排出されずに体内に蓄積され、これが続くと高カリウム血症を引き起こすか場合があります。
カルシウム 不足しがちな栄養素で、通常の生活で過剰摂取になることはありません。しかしサプリメントなどの併用で取りすぎた場合には、便秘、脱水症状、腹痛などの初期症状、ひどい場合には腎結石、
尿管結石、腎不全、高カルシウム血症に発展することもあります。
マグネシウム 現代人の食習慣はファストフードや欧州化により、マグネシウムが不足しがちですので過剰摂取の心配はあまりありません。通常の食生活でマグネシウムが過剰に摂取されることはありませんが、サプリメントで大量に摂取した場合には「高マグネシウム血症」になる可能性が、症状として「立ちくらみ、下痢、倦怠感などがあります。高齢者や腎機能が低下している方は過剰摂取分の排出がされない場合があります。
亜鉛 亜鉛は毒性が低いミネラルで安全性が高く副作用が起こりにくいです。しかしサプリメントなどで過剰に摂取がされた場合は頭痛・発熱・倦怠感などの副作用が出る場合があります。また銅の吸収率を低下させることによる貧血、髪や肌があれるという欠乏症が起こる場合もあります。こちらも普段の食生活ではほとんど起こりません。
銅の過剰摂取は吐き気、下痢、嘔吐、手足のふるえなどの症状がでます。通常食事からの過剰摂取になる可能性はまずありません。

とはいえ、これらは本来不足しがちな栄養素ですので、ルイボスティーの飲み過ぎだけで起こる可能性は非常に低いです

しかし腎機能に障害があったり、常時サプリメントを飲まれている方は成分に注意してください。

※副作用の症状が出た場合には、一旦使用を止め医師に相談しましょう。

腹痛・下痢になる

腹痛・下痢 副作用 ルイボスティー
ルイボスティーには便秘薬にも使われるマグネシウムが含まれているため、飲み過ぎると下痢や腹痛の原因になります。
煮出すタイプのものは濃くならないように気をつけ、温めたり常温で飲むのがオススメです。

アレルギー・蕁麻疹がでる

副作用 蕁麻疹 ルイボスティー
ルイボスティーはマメ科の木の葉から抽出されています。マメ類にアレルギーがある方は蕁麻疹などが起こる可能性もあります。

また、食品のアレルギーは誰にでも起こる可能性があります。

ルイボスティーを飲んで異変に気がついたら飲むのを必ずやめましょう。アレルギーなどは重症化する方もありますので、アレルギーをお持ちの方は特に注意しましょう。

たくさん飲むと太る?

副作用 ルイボスティー 太る
ルイボスティーのカロリーはゼロなので、直接太る原因にはならないと考えてよいでしょう。

しかし、飲み過ぎるとトイレが近くなったり、冷たいルイボスティーの場合には冷え性の原因ともなるので気をつけましょう。

副作用について詳しく知りたい方はルイボスティーはメリットだけじゃない!飲む前に読むべき副作用まとめるを御覧ください。

人気ルイボスティーおすすめ2品

初めての方はルイボスティーを購入したいけど、どれを選べばいいかわからない、人気のルイボスティーはどれなの?と気になるのではないでしょうか?

ここではリピート率の高いルイボスティーで、ルイボス歴7年の私も飲んで美味しかったものをご紹介させていただきます。

エルバランシア
他の商品に比べると値段は高めになっていますが、公式サイトから定期購入をすると半額で買うことができます。茶葉のグレードが高く、有効成分がたっぷり含まれているのが特徴。
「すこし高くても、良いものを飲みたい、購入を失敗したくない」という方にオススメのルイボスティーです。

  • 内容量:5g×35袋入り
  • タイプ:お湯出し(推奨)、水出し
  • オーガニック認定:ECOSERT認定
  • 送料:無料
  • 返金保証:30日
  • 通常価格:2,950円(税込み)
  • 初回限定:1,475円(税込み)
  • 2回目移行:2,360円(税込み)

※契約縛りなし(2回目移行いつでも停止、変更可能)

注目ポイント
  • 1パック5gとたっぷりはいっているので濃厚!抗酸化力は緑茶の50倍!
  • 上位1%のスーパーグレードで栄養素、鮮度は最高クラスです
  • 定期購入は初回50%オフ!定期はすぐに解約可能!違約金など一切なし!
  • 初回購入でサプリメント(8錠)付き

評価が良かった人の口コミ

30代後半:女性
個人的にオススメ
ルイボスティーは何度か購入していましたが、どうしても味が好きに慣れなくて毎回飲みきれなくて、友達にあげていました。
でもプレミアムオーガニックルイボスティーは本当においしいです!クセもなくとっても飲みやすいです。
個人的にオススメ商品です

評価が高くなかった人の口コミ
エルバランシアのマイナスな口コミを探しましたが、一切ありませんでした。
敷いてあげれば、他のルイボスティーとくらべて2回目以降の金額が少しだけ高いですが、最高グレード、高品質の証です。


ティーライフ
癖が無く飲みやすいのが特徴です。妊娠中の方でも飲めるようにノンカフェインとなっています。
また美容にも良い成分が含まれているため、美容や健康を気にしている方などにもおすすめです。
お試しセットは送料込みの初回970円!さらに返金・返品の保証がついてきます。

  • 内容量:4g×21袋入り
  • タイプ:お湯出し(推奨)、水出し
  • オーガニック認定:有機JAS認定
  • 送料:無料
  • 特典:30日間返金保証
  • 通常価格:1,454円(税込み)
  • 初回お試し価格:980円!(1人3セットまで)(税込み)
  • 2回目移行:1,308円(税込み)※定期便価格

※定期お届けは3回以上お続けください。解約は4回目以降のお届け分から特別な事可能。電話にてご相談ください。

注目ポイント
  • 上記殺菌処理をしているので、より栄養成分が出やすくなっています。
  • 初回購入は送料無料で、返金保証30日もついて安心!
  • 茶葉はトップグレードのケープナチュラル社の「スーパーファイン」を使用!
  • 徹底した品質管理で、お客様の手元に一番鮮度のいい状態でお届け!
  • 【ルイボスティーの老舗】11年間かけて出来上がった納得のルイボスティーをお届け!

評価が良かった人の口コミ

30代前半:女性
化粧のノリが変わってきた
美容に良いと聞き飲んでみました。コストコや伊藤園のルイボスティーを飲んでみましたが、味が美味しくなかったのです。エルバランシアは味も色も濃くて飲みやすいです。2ヶ月目あたりから、化粧のノリが変わってきたように感じます。

評価が高くなかった人の口コミ

20代前半:女性
飲みづらかった
20代前半 女性:前回購入して始めは少しクセ(薬っぽい?)があり飲みづらかったです。今ではすっきりしてて飲み安いと毎日飲んでます。


どちらのルイボスティーも、最上級のグレードを提供しており、栄養成分がたっぷりはいっているルイボスティーになります。リピート率も非常に高いので安心です。

なぜ最高クラスのルイボスティーが人気なのかはルイボスティーの味はグレードによって変わる!?をご覧ください。

ルイボスティーの飲み方・アレンジレシピ

レシピ 

ルイボスティーの美味しい淹れ方

ルイボスティーにはカリウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富ですが飲み方で違いが出てきます。

栄養素がたっぷりとれる飲み方は断然水出しより煮出しして飲むの方です。

煮出すことでミネラル抗酸化成分など、体に良い成分をしっかりと抽出できます。

また、ペットボトルのルイボスティーは、茶葉パックに比べ高くついてしまう上、作ってからの時間がたっているので中の栄養成分も少なくなっています。

実際にペットボトルから茶葉パックに変えた人が「ぜんぜん違う!」「むくみがなくなった!」と、すぐに違いを感じられているようです。

美味しい入れ方ポイント
  1. ティーバック1個(茶葉3g)に対して水1.5Lを用意します
  2. やかんに①を入れて沸騰してから10分以上煮出しましょう。
  3. 煮出し終わったら完成です。

ルイボスティー+ミルク


ルイボスティーにミルク?と思われるかもしれませんが、ミルクティーをイメージしてみてください。
ミルクを加えることでまろやかになり、香りが苦手な方も美味しく飲めます。

ルイボスティー+砂糖


ルイボスティーを甘くして飲むという方法もあります。
ダイエットをしていて甘みをセーブしている方は砂糖を控えめにしたり、お菓子の代わりに甘い飲み物に代えるというのもカロリーダウンに繋がります。
甘いものはリラックス効果があるので、ストレスを溜めるよりは工夫をして適度に楽しみたいものです。

ルイボスティー+はちみつ


ハチミツには抗菌作用や殺菌作用があります。

砂糖よりも甘みを感じやすいので、カロリーを抑えることもでき、何よりも自然の食品というところが嬉しいですね。

ルイボスティー+生姜


生姜に含まれる「ジンゲロン」という辛み成分には、血行を促進したり代謝を高めるなどの体を温める効果があります。

冷えが気になる人、ホルモンバランスを整えたい人にはオススメの飲み方です。

ルイボスティーとの相性も良く、紅茶ジンジャーのような味です。

ルイボスティー+フルーツ


ルイボスティーはフレッシュなフルーツとも相性抜群!
旬のフルーツをプラスすると、酵素やビタミンなどが摂取でき、代謝アップ効果も期待できます。

作り方について詳しく知りたい方は人気のルイボスティーアレンジレシピを御覧ください。

まとめ

ルイボスティーの効果・効能について解説していきました。

ルイボスティーには本当にさまざまな効果があり、美容や健康をサポートしてくれるスペシャルなお茶です。

これから始めようと考えている人は是非参考にしてとり入れてみてくださいね。

飲み方のバリエーションを増やすことも飽きさせないポイントです。
いろいろな商品、お気に入りの飲み方を見つけて、ルイボスティーライフを楽しみましょう。

コメント