ルイボスティーってどんな味?「薬みたいでまずい」の口コミは本当?

ルイボスティーは美容や健康に良いお茶として世界的に有名ですが、南米のお茶なので飲んだことのない方は、「どんな味なんだろう?」と気になりますよね。

ネットでも「口に合わなかった」、「まずかった」というマイナスな意見もありますので、今回は独自調査した口コミアンケートを元に、なぜ美味しくないのか、また美味しいルイボスティーはどんな味なのかについてご紹介していきます。

口コミの評価が低かったメーカー

今回はルイボスティーを2年以上愛飲している方を対象に、味が美味しくなかった、合わなかったルイボスティーについてアンケートをとりましたのでご紹介していきます。

無印商品

価格:約300円
内容量:18g

無印ルイボスティー

20代:女性
味はまずくはなかったのですが、独特の匂いがあるような気がして飲めませんでした。後味に紙が混ざってるような味がしました。その後味もなかなか消えずに苦労しました。
30代:男性
他のメーカーに比べて、香りが独特ですごい気になりました。味のほうは薄く感じてうまみが足りなかったです。
20代:女性
もともと、あまり好きではないのですが、無印のものは埃っぽいというか、粉っぽいというか、わたしには合わなかったです。ペットボトルで売っている、伊藤園のが一番好きで飲みやすいです!

ティーライフ

価格:約1000円
内容量:250g

※こちらはティーライフのプレミアムグレードのルイボスティーとは別商品です

ノンカフェイン ルイボスティー ティーバッグ 100個入
ティーライフ
¥ 1,029(2018/11/02 17:11時点)

20代:男性
人気があったようなので試しに買ってみたら独特の苦味があって自分には合わなかったです。
40代:女性
味に癖があって飲めませんでした。せっかく買ったのに両親にあげました。ベストセラーと書いてあっただけに残念です。
40代:女性
ティーライフのルイボスティーは薬臭くて私には合いませんでした。

コストコ

価格:約698円
内容量:400g

コストコ ルイボスティー

20代:男性
コストコはそもそも当たり外れが大きいのですが、ルイボスティーは「大外れ」でした。ルイボスティー独特の風味が見事に損なわれていて、えぐみしか感じませんでした。
30代:女性
コストコのオーガニックグリーンルイボスティーは、私的にはクセがある感じがして飲みにくかったです。オーガニックなのはいいんですが、子供にも不評でなかなか減らず、砂糖とミルクを足してあげると、ミルクティー感覚で飲んでくれました。
30代:男性
コストコのルイボスティーが美味しくなかったです。色は出ますが葉っぱのような臭さがあり、ルイボスティーらしい味が全然しません。

コンビニ

価格:約375円
内容量:40g

コンビニ ルイボスティー

20代:女性
セブンプレミアムのルイボスティーを買いましたが、味が濃すぎて後味が口の中にずっと残るのが嫌でした。
40代:女性
メーカーは解りませんが、コンビニで購入したことがあります。なんだが良く解らない苦み、においもちょっと違った気がします。少し飲んで飲むのもやめてしまいました。それ以来、購入はしていません。
20代:女性
安かったので購入してみましたが、味も濃く苦味があり他のルイボスティーと飲み比べると味の違いがよくわかりました。匂いなども結構きつかったので子供はとても嫌がり飲みませんでした。

業務用

価格:約1,500円〜3,000円
内容量:1㎏

業務用

20代:女性
安かったので購入してみましたが、味も濃く苦味があり他のルイボスティーと飲み比べると味の違いがよくわかりました。匂いなども結構きつかったので子供はとても嫌がり飲みませんでした。
20代:女性
安いため購入しましたが、やはり味も良くなかったです。他のメーカーの物と比べると、味も薄く後味がまずかったです。
20代:女性
初めはルピシアのを飲んでましたが値段も高く、業務用のに変えたら味が全然違いました。独特の香りもキツく後味が葉っぱ臭く感じてもう二度と飲みたくありません。
30代:女性
私は妊娠してから、ルイボスティーに出会い、親戚の家でご馳走になってから飲んでいますが、業務用は薬臭いのもあるので要注意です。

ルイボスティーが「まずい!」と言われる原因は?

口コミを見てみると、「まずい、苦い」などの声が多かったのですが、なぜ「まずい」と言われているのでしょうか?

それはまずは下の写真をご覧ください。

ルイボスティーは大きく3つのグレードに分かれていますが、葉先からスーパー、チョイス、スタンダードとなっており、味だけでなく栄養成分も違ってきます。

栄養価
低い
スタンダード<チョイス<スーパー 高い


まずい スタンダード<チョイス<スーパー おいしい

実際、「まずい」という口コミの中には、「薬のような味」「苦い」「葉っぱ臭い」などの、葉や茎独特の味のクセを指摘する部分が多くありました。

このように、市販で売られている多くのルイボスティーは、価格は安いのですが、グレードが低いので味の評価も低いのが現状です。

いろいろな効果効能が期待できるルイボスティーですが、グレードが低いと栄養成分も低くなり「思ったより効果が感じられない」場合も考えられますので、自分が納得できる商品を選びましょう。

美味しいルイボスティーってどんな味?

「ルイボスティーって全部同じ味じゃないの?」と思いますが、メーカーによって味は全く違います。なぜなら、茶葉を見るとわかりますが、高級なものは茎の部分がほとんどなく、葉の部分だけで茶葉がつくられています

ルイボスティー 茶葉の比較

スタンダードのような手ごろなルイボスティーは、茎の部分などを多くふくみますので茶葉が荒くなり、赤みも薄くなるのでお茶の色も出にくくなります

そのような異なる茶葉から抽出されるルイボスティーなので、味に差があるのは当然のことです。

では、実際に「美味しいルイボスティー」とはどのような味なのでしょうか?

どんな味に似ている?苦みは?

美味しいルイボスティーは、「雑味のない紅茶」「ほうじ茶を少し薄くした感じ」など、一般的に親しまれているお茶と変わらずおいしく飲めます。雑味といった本来のおいしさを損なう渋み、苦味、または薬のような味はありません。

また、美味しいと定評のあるルイボスティーは鮮やかな「赤茶色」で、時間をかけて煮だしても、そこまで渋味も出ず濃くならず、独特の甘い香りが漂います。

「まずい」と言われるルイボスティーは「薬のような味」と例えられることが多いのですが、それに比べ、美味しいルイボスティーは苦味や臭みといったクセがないのが特徴です。

そしてルイボスティーはノンカフェインですので、子どもやお年寄り、さらに赤ちゃんの水分補給など、家族で飲めるお茶として親しまれています。優れた健康効果で妊娠中や授乳中の女性にも喜ばれていますが、これに苦味ではなくうま味がプラスされれば、ティータイムが更に楽しくなりますね。

ルイボスティーは淹れ方で味が変わる?

煮出すタイプのルイボスティーは淹れ方次第で風味が変わってくるため、その日の気分に合わせて味の変化を楽しんでみてはいかがでしょうか?

煮だす時間

薄めにゴクゴク飲めるようにするには通常の淹れ方、ゆったりと味や風味を楽しみたいなら少し濃いめに淹れてみましょう。

・通常3〜5分
・濃いめ10分〜15分

長い時間煮出しても渋くならないワケ
紅茶と違い、ルイボスティーには渋みの成分カテキンがほとんど含まれていないため長時間煮出しても渋くなりません。

また、濃く煮だすことで美肌効果や、抗酸化作用などの効果もぐっと上がり、ルイボスティーに含まれる酵素成分も吸収されやすくなるのでオススメです。

詳しい飲み方はルイボスティーの適量は?効果的な飲み方とタイミングをご覧ください。

それでも苦手だと思う方へ。美味しいアレンジ♪

一度まずい感じてしまうと、飲み続けるのはむずかしいという方もいると思います。

そんな方にオススメのルイボスティーを飲みやすくする3つのレシピをご紹介していきます。

ミルクをいれる

ルイボス ミルク
ルイボスティーに牛乳を入れるだけで味がまろやかになり、ミルクティーのような風味に変わりますよ。

ポイント
牛乳に含まれるトリプトファンは安眠効果のあるセロトニンを作り出しますので、寝付きを良くしたり精神を安定させてくれる効果もあります。

しょうがをいれる

しょうが ルイボスティー
しょうがとルイボスティーの相性も良く、味や風味がガラッと変わりルイボスティーが飲めなかった人でも、飲みやすいです。

ポイント
ルイボスティーとしょうがはどちらも冷え性に抜群の効果を発揮しますので、冷え性にお悩みの方にもオススメです。

冷え性に関する詳しい記事はこちら

はちみつをいれる

はちみつ ルイボスティー
甘いのが好きな方には、はちみつを入れると舌触りもまろやかになり、後味もスッキリするので飲みやすさが大きく変わります。

ポイント
はちみつには疲労回復効果や殺菌作用もあり、口内炎や喉のケアにも効果があります。

詳しいルイボスティーのレシピまとめはこちら

オススメのルイボスティー

ルイボスティーはグレードが高いと栄養素も味も良いということをご紹介してきましたが、今回オススメするのはグレードが高いルイボスティーの中でも、トップグレードの茶葉を使用しているエルバランシアのルイボスティーです。

エルバランシア
1パック5gとたっぷりはいっているため、抽出した際に栄養が豊富で濃厚です。さらに抗酸化力は緑茶の50倍!

  • 内容量:5g×35袋
  • タイプ:お湯出し、水出し
  • 原材料:有機ルイボス茶
  • 送料:2個以上の注文で無料
  • 返金保証:30日間
  • 通常価格:2,950円(税込み)
  • 初回限定:1,475円(税込み)
  • 2回目以降:2,360円(税込み)

※契約縛り、違約金なし(2回目移行いつでも停止、変更可能)

お得なポイント
☑定期購入は初回50%オフ
☑2回目以降も20%引き
☑定期はすぐに解約可能!違約金なし
☑初回購入でサプリメント付き(8錠)

エルバランシアが他のルイボスティーと違う点として、最高品質のグレードの茶葉1%だけにこだわっている点です。さらに世界基準のオーガニック認定のECOCERT(エコサート)の認定を受けていますので、子どもから妊娠中のママにも安心して飲めると人気です。

※オーガニックとは「有機」という意味ですが、化学肥料に頼らず、その土地の持つ風土を十分に生かして育てたという認定です。

エルバランシアが煮出しを推奨する理由

エルバランシアでは煮出しで飲むことを推奨しています。

これは煮出しで飲む場合と、水出し飲む場合とでは、ルイボスティーの栄養成分が倍以上も変わってくるためです。


まとめ

今回は美味しくないと言われるルイボスティーについてご紹介しました。

コンビニやスーパーのルイボスティーは、値段がお手頃なのでついつい購入してしまいがちです。

しかし安いルイボスティーは栄養成分や茶葉の質も低いので「まずい」、「美味しくない」と言われております。

さらに、グレードの高いルイボスティーに比べると美容・健康効果も大きく期待することは難しいかもしれません。

せっかくカラダに良い物を購入するのであれば、品質を確かめて満足できる商品を購入していただくことをオススメします。

コメント