ルイボスティーの効果・効能。コレステロールまで減少させ生活習慣予防

最近は生活習慣病に効果があるというお茶がコンビニなどでたくさん売られていますが、ルイボスティーが良いとされているのをご存知ですか?

今回はルイボスティーを飲んで生活習慣病、コレステロールに効果・効能があるのか、ご案内していきます。

コレステロールとは?

そもそも、コレステロールとはいったい何でしょうか?どんな働きをしているのでしょうか?まずはコレステロールとはいったいどんなものか、みていきましょう。

コレステロールの役割

コレステロールの役割は大きく分けて三つになります。

    1. 細胞膜の材料となる

細胞膜は栄養素などの物質の細胞内外への出入りをコントロールする

    1. 短銃酸の材料となる

短銃酸は摂取した脂肪の消化や吸収を助ける

    1. 副腎皮質ホルモンや男性・女性ホルモンの材料となる

ホルモンは男性らしさ、女性らしさを形成し、生命活動を支える

コレステロールには2種類ある

コレステロールとは脂質の一種です。脂質なので水や血液には溶けません、わたしたちの体の中では血液に溶けるためにたんぱく質と結びつきます。そのおかげで体中に運ぶことができるのです。

この、たんぱく質と結びついている形を「リポたんぱく質」と言います、このリポたんぱく質の中にコレステロールがどのくらい含まれるか?ということによってHDLコレステロール、LDLコレステロールと名前が変わります。

コレステロールは一種類ですが、コレステロールの重さによって呼び方が変わります。

比重の重いコレステロールをHDL(悪玉コレステロール)と呼び、比重の軽いコレステロールコレステロールをLDL(善玉コレステロール)と呼びます。

コレステロールが多い場合に血管をもろくする病気を引き起こしやすいです。

そして、コレステロールを多く含むLDLコレステロールを悪玉コレステロールと呼び、コレステロールが少ないHDLが善玉コレステロールと呼ばれています。

コレステロール値が高い人の危険性

コレステロールが高くなると動脈硬化症などの生活習慣病の原因となり、増えすぎたコレステロールは血管の壁に付着し、血管を詰まらせてしまいます。

これが脳動脈にできれば脳梗塞で、心臓の冠状動脈で起これば心筋梗塞になります。

なぜコレステロール値は高くなる?

コレステロールの高くなる原因は生活習慣からくるものが主なようです。

  • 糖質が高い食べ物が好き
  • お酒をたくさん飲む
  • 運動不足
  • ストレスが多い
  • たばこを吸う量が多い
  • 肥満

その他に、持病を持っている、服用している薬がある、遺伝などは自分では改善できないものが原因です、30代から50代にかけて、暴飲暴食などのストレスを受ける人も多く、コレステロールが高い人が増えます。

仕事のし過ぎや、運動不足の人も多く見受けられます。 特に、これは自律神経のバランスが変わることで、腎臓の上にある副腎からストレスを対処するホルモンが出されます。

このホルモンが原因で「有利脂肪酸」というものが出てしまい、肝臓の中で中性脂肪となって中性脂肪値が上がり、結果的に善玉コレステロールが減ってしまうという仕組みです。

善玉コレステロールの減少も動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞に繋がりかねません。

ルイボスティーとコレステロールの関係

心筋梗塞、脳梗塞を防ぐには活性酸素によってLDLコレステロールが酸化するのを防ぐ必要があります。

また、活性酸素を除去する抗酸化作用を含んだルイボスティーを飲むことで、動脈効果の原因である活性酸素を取り除くことが可能になり、結果的にコレステロール値を下げることに繋がります。

フラボノイドが効果的

ルイボスティーに含まれるポリフェノールの中に「ケルセチン」「ルテオリン」と言われる成分が含まれています。このケルセチンという成分には強力な抗酸化作用があり、体内の活性酸素の除去し、LDLコレステロールの酸化を抑えます。

抗酸化作用のあるSODのはたらき

コレステロールは体の中で大きな役割を持っています。例えば細胞が作られる時は細胞が作られる時の重要な成分は、善玉コレステロール(LDL)です。

そしてこのうちの悪玉コレステロールが動脈硬化を引き起こしているのだとされていましたが、そうではなく体内で発生した活性酸素によって悪玉コレステロールが酸化され、全く違った性質に変化したとき、それが本物の悪玉コレステロールだということがわかったそうです。

レモンは相性抜群

もし、コレステロール値を下げたい、という方はルイボスティーを飲むときにレモンをプラスすると一層よいとされています、レモンに含まれるクエン酸はアルカリ性の成分なので悪玉コレステロールをさげるのに、とても役立ちます。

・レモンルイボスティーの作り方

1.熱湯でルイボスティーを淹れる(3~5分くらい蒸らす)

2.カップにあけたルイボスティーにレモン果汁を加えて完成です!

生活習慣を改善する

これまで、コレステロールのもとは生活習慣病とお伝えしましたが、ここでは生活習慣をチェックしてご自分の改善点を探していきましょう。

・食生活を見直す
今までの食生活を改めて、血中脂肪を減らすためのメニューを取り入れてみましょう、やはり和食中心の生活が血中脂肪を減らすにはとても良いようです。

・運動の習慣をつける

肥満、脂質異常など中高年の病を克服するためには適度な運動が大切と言われています、ただ闇雲に運動するのではなく、コレステロールを下げる運動を心がけましょう。

これらの運動で大切なことは、長い時間運動をすることではなく、毎日体を動かすことです。3日以上やらない日が
あるだけで運動効果がなくなってしまいます。毎日が難しければ、週に最低3日は運動を心がけましょう。

・ストレス増加が血中脂肪の元に
乱れた食生活だけでなく、ストレスによっても血中脂肪が増えるという事実。仕事や生活の中で起こるストレスを上手に解消していきましょう。

・睡眠不足で脂質が増加
睡眠不足は悪玉コレステロールの数値が上昇といわれています。睡眠不足を改善して健康の維持に努めていきましょう。

コレステロールを下げる運動例

ウオーキング 踏み台昇降 スクワット
ヨガ 水中歩行

LDLコレステロール値を上げる食品

たまご すじこ しらす干し
鳥レバー 豚レバー 牛肉レバー
手羽 いくら たらこ
いか たこ ししゃも
うなぎ わかさご あなご
クリームパン 生クリーム 無塩バター
クリームチーズ バター カップラーメン
パルメザンチーズ マヨネーズ 肉まん
プロセスチーズ カレールゥ チョココロネ
アイスクリーム マーガリン

食物繊維を多く含む食材
食物繊維にはコレステロールを外に排出する働きがあり、LDLコレステロール値を下げてくれます。

ひじき やきのり こんぶ
もずく しそ パセリ
ごぼう モロヘイヤ グリーンピース
いんげん おから えんどう
納豆 緑豆春雨 豆腐
豆乳 みそ

オレイン酸を多く含む食材
オレイン酸はLDLコレステロールだけを下げてくれるというありがたい栄養成分です。

悪玉コレステロールを下げて動脈硬化を防ぐだけでなく、胃酸の分泌に関わり、胃潰瘍や胃酸過多の予防効果もあります。

木の実 ごま 松の実
落花生 アーモンド オリーブオイル
菜種油 ごま油 新紅花油
さば さんま 黒マグロ
いわし

危険性のある食べ物

また、酸化(劣化)したコレステロールも健康を損なう可能性があります。コンビニで買ったお弁当を何度かチンして温めたり、お総菜屋さんによっては使用している油が何度も使いまわしていたり、これは超悪玉の酸化コレステロールといわれるものです。

・電子レンジで何度か温めた食品

・何度も挙げなおししているフライ、天ぷら

・マヨネーズ、バターなどの色が濃くなって分離(透明)になっているもの

・焼き魚、焼き鳥の焦げて黒くなったもの

・レトルト加工で長期保存された肉製品

・スルメやビーフジャーキーなどの空気や紫外線にさらされていたもの

・電子レンジで10分以上加熱した食品

・すじこ、いくらなどのしょうゆ漬けされていて長期保存したもの

タバコ

タバコには多くのデメリットがありますが、コレステロールとの関係もあります。 タバコを吸うと、LDLコレステロールを増やしてしまう原因となります。

タバコは吸うだけでも血圧を上昇させ、動脈硬化のリスクも上がります。

運動不足

運動はLDLコレステロールを減らすのに役立ちます。体内の脂肪を燃やし、基礎代謝が向上し、体内の脂質を減らす効果が期待できるからです。運動によって体内の中性脂肪を減らし、太りにくい体質を作ることが重要です。

お酒の飲みすぎ

お酒も適量に飲む場合と、飲みすぎの場合ではコレステロールのリスクが違います。 適量の場合は、血管壁に溜まった悪玉コレステロールを剥がす働きをしてくれます。

一方、飲みすぎると肝臓疾患、肝機能障害のリスクが高まります。しかも、アルコールを飲むと、一緒に食べるおつまみが脂質の高いものであり、中性脂肪をの増加が気になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか? ルイボスティーがコレステロールに抗酸化作用をもたらすということがおわかりいただけたでしょうか?

食事は手作りをこころがけ、味の加減をしていくことでコレステロールのリスクも減らすことができそうですね。 運動もいきなりきつい運動をするのではなく、エレベーターを使わない、いつもより一駅前で降りて歩き出すなど、工夫して中性脂肪を減らしていきましょう。

食事や運動、生活習慣の見直しをしながら、ルイボスティーでさらに効果を上げてみてはいかがですか?

あなたにとって出来ることから始めてみましょう。

ノンカフェイン ルイボスティー ティーバッグ 100個入
ティーライフ
¥ 1,029(2018/11/02 17:11時点)

コメント