ルイボスティーで冷え性は改善しない?口コミまとめと効果的な飲み方

ルイボスティーで冷え性は改善しない?
この記事の監修 管理栄養士
片村優美 栄養士・管理栄養士・食生活アドバイザー2級
片村 優美
・栄養士・管理栄養士・食生活アドバイザー2級

ルイボスティーは体に良いさまざまな効果があるということで、美容や健康に意識の高い女性に注目されており、冷え症にも効果があると言われています。

しかしネット上では色々な情報が飛び交っており「効果がある」と書かれていたり「効果がないと」書かれていたり、時には混乱を招くこともありますよね。

そこで今回は冷え性の方を対象にしたルイボスティーの口コミアンケートを取っていますので、実際に効果が出た方がどんな飲み方をしていたのかをあわせてご紹介していきます。

ルイボスティーを飲んだ人の口コミは?


ここではルイボスティーを3ヶ月以上飲み、かつ冷え性の方を対象にとったアンケートをまとめてご紹介していきます。

30代:女性
おすすめ度:★★★★☆ 4
冷え性がだいぶ良くなりました
昨年、多めにルイボスティーを作って魔法瓶に入れ、こまめに飲んでいました。デスクワーク中の下半身の冷えが好転したように思えます。
確かにお手洗いは近くなりますが、その際にストレッチも一緒にしていたので、うまいこと体を動かすよい口実になっていたと思います。
ルイボスティープレーンタイプよりも、しょうがや丁子などスパイスを入れたブレンドものの方が、冷え性効果は高かったように感じられます。
30代:女性
おすすめ度:★★★★☆ 4
冷え症、便秘、むくみにも効果的
私の場合は便秘症とむくみがあったのですが、ルイボスティーを飲むようになって便秘もむくみも解消され、冷え性も良くなりました
確かにルイボスティーには利尿作用もありますが、その場合は飲む量を少し減らして自分に合う量を見つけると良いかもしれません。
20代:女性
おすすめ度:★★★☆☆ 3
冷え性は効果なかったですが便秘は改善
ひどい冷え性があり、ルイボスティーが効くとネットで見たので試しに飲み始めましたが、とくに効果はなかったです。
しかし便秘気味だったのが毎日お通じが出るようになり腸内環境は随分よくなったとおもいます。
20代:女性
おすすめ度:★★★☆☆ 3
冷え性よりも便秘によかった
私は、よく煮出してから飲みます。冷え性の改善には至っていませんが、普通のお茶よりトイレが近く、便秘の方には良いと思います。
口コミのまとめ
メリット
・老廃物や余分な水分を排出するデトックス作用がある
・ ホルモンバランスを整え、自律神経からくる冷え性の改善効果が期待できる
・リラックス効果がある
デメリット
・ルイボスティーに含まれるマグネシウムの効果で下痢を起こす場合がある
・トイレが近くなる

ここに載せているのはほんの一部ですが、効果があったと答えた方はしょうがやシナモンを入れるなど、カラダがあたたまる飲み方の工夫もしていたようです。

しかし「飲み方だけで効果が違ってくるの?」、「冷え性に効果があった方と無かった方がいるのはなぜなのか?」という疑問も出てくるとおもいますので、コチラについても調べました。

効果がある人とない人の違いは?

効果あり

冷え性が改善した人と改善しなかった人がいましたが、まず改善しなかった方は主に2つの要因がありましたのでご紹介していきます。

冷え性の原因は1つでは無い

一口に冷え性といってもその原因は様々です。

冷え性の改善に効果が期待できるルイボスティーですが、結論から言うと冷え性が起こる原因の全てに効果があるとは言えません。

冷え性には大きく分けて以下の原因があります。

  1. カラダを冷やす食べ物・飲み物を取っている
  2. 無理なダイエットなどで筋肉量が低下している
  3. 自律神経の乱れていることで熱を全身に送れていない
  4. キツめの服や靴などで締め付けられ体温調節の司令がとどいていない

これらの要因が原因となり、冷え性になる場合があります。

例えば無理なダイエットをして筋肉量が極端に減ったことが原因で、代謝が悪くなり冷え性になった方は、筋肉量が減ったことが冷え性の原因なので、ルイボスティーを飲んで冷え性が治らないと言うのは当然のことなのです。

飲んでいるルイボスティーのグレードが低い

ルイボスティーには3つのグレードがあり、一般的に売られている市販の安いルイボスティーは、グレードが低い場合がほとんどです。

また、グレードが低いと栄養素も少ないので効果が感じられない場合があります。

ルイボスティー ランク

こちらの画像はルイボスティーの茶葉のグレードについて説明している画像になります。葉先の方からグレードが高く栄養素も豊富に含まれているのが特徴です。

ですので、ルイボスティーは

グレードが高い=栄養素が多い

ということになります。

冷え性が改善しなかった人の傾向として、市販のグレードの低いルイボスティーを飲んでいる方が多いという結果になりました。

冷え性が治る人、治らなかった人についてまとめると
  • ルイボスティーで改善する冷え性と改善しない冷え性がある
  • 飲んでいるルイボスティーで栄養価・効果が違ってくる

それでは次にルイボスティーで改善する冷え性についてご説明していきます。

ルイボスティーで改善期待できる冷え性のタイプ

冷え性のタイプ
ルイボスティーで改善が期待できる冷え性には次の2つのがあります。

①女性ホルモンの乱れによる冷え性

女性ホルモンは女性の身体に密接に関わっており、ストレスや、生活習慣などによって女性ホルモンの分泌が乱れると血流が悪くなり、冷え性の原因となります。

ルイボスティーの効果
ルイボスティーに含まれるポリフェノールには、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする成分のため、ホルモンバランスの乱れからくる冷え性に効果があると言われています。

 

②自律神経から来る冷え性

不安や悩みによる精神的なストレスは自律神経を乱す原因になります。自律神経が乱れると交感神経と副交感神経が正常に働かなくなり、血のめぐりが悪くなると冷えの症状が出てしまいます。緊張した際に手足が冷たくなるのはこのためです。

自律神経とは
『自律神経』は、血管を収縮させる働きをする『交感神経』と、血管を拡張する働きをする『副交感神経』から成り立っており、人は1日の中で、両者の働きをバランスよく切り替えることで、全身の「血めぐり」が良くなり、体温を正常に保つことができるのです。
自律神経のバランスを整える朝・昼・晩のケア

ルイボスティーの効果
ルイボスティーのSOD酵素は抗酸化作用があり、リラックス効果・ストレス軽減の作用があります。ですから、冷え性の原因となっている自律神経のバランスを元に戻してくれます。

 

冷え性になりづらい体質をつくる


それ以外にも、冷え性になる原因は、ビタミンやミネラルが不足していることが挙げられます。ビタミンやミネラルには、糖質・たんぱく質・脂質から熱を作り出すという重要な働きをしているのです。

ルイボスティーには、マグネシウム、ナトリウム、リン、鉄などのミネラルが含まれているので、冷え症を改善する効果が期待できます

また、冷え性と貧血は深い関係にありますが、ルイボスティーには鉄の吸収を阻害するタンニンが非常に少ないため、タンニンが豊富な緑茶やコーヒーなどと比べ、貧血は起こりにくいと言えます。

しかし、口コミでも改善しなかった人がいるように、いくらルイボスティーを飲んでいても肝心な食生活が乱れていては意味がありません。栄養バランスが偏っていたり、冷たい料理ばかりとっている生活を続けると冷え性になる可能性があります。ルイボスティーばかりに頼らず、基本の食事を見直すことも大切です。

冷え性に効果的な飲み方

ジンジャー ルイボスティー

口コミアンケートでも飲み方を工夫している方がいらっしゃいましたが、ここでは体を温める効果抜群のルイボスジンジャーティーをご紹介します。

用意するもの
  • ルイボスティー1パック
  • すりおろし生姜(小さじ1)お好みで
  • はちみつ(小さじ2〜3)お好みで
  • ホットミルク

5分以上煮出したルイボスティーに、皮付きのショウガをすって入れ、また少し2分〜3分温めれば完成です。甘さが少しほしい方は砂糖かはちみつを入れて飲んでもおいしくいただけます。

ポイントは、煮出した温かいルイボスティーで飲みましょう。しょうがは、皮付きの方が栄養価が高いですが、チューブタイプのしょうがでも大丈夫です。

ショウガは血管を広げる作用があり、血行を促進します。ホットミルクを入れることで安眠効果も有りますので寝る前などはオススメです。

なかなか冷え性が改善されない、そんな方はぜひ試してみてください。温かいルイボスティーと生姜で血行促進を促せば、きっと体がポカポカしてくるでしょう。

生姜に含まれているジンゲロールは、温めることでショウガオールに変化します。体を深部から温めてくれるのはショウガオールの方なので、生のすりおろし生姜を使うよりも、レンジで少しだけ温めた「蒸しショウガ」の方が効果は高くなります。
ショウガオールには、冷え性改善だけではなく、脂肪を燃焼させてくれる効果も。ダイエットしたい女性の強い味方です。

その他ルイボスティーのアレンジレシピはこちら

ルイボスティーの飲みすぎで体が冷える?

ルイボスティーはカラダを冷やすという声もありますが、実際はそんなことはありません。

なぜこのように言われているのかというと、東洋医学では暑いところで育った植物はカラダを冷やす効果があるとされています。

ですので、南アフリカで育ったルイボスティーは、カラダを冷やす効果があるというイメージが広がってしまったという意見があります。

上記でも述べましたが、ルイボスティーには冷え性改善の効果があってもカラダを冷やす成分は入っておりません。

しかし、冷たいルイボスティーを大量に飲むとカラダを冷やす可能性はありますので、飲み過ぎに注意して、ホットで飲むようにしましょう。

まとめ

今回はルイボスティーと体の冷えの関係についてご紹介してきました。

冷え性に効果的なルイボスティーですが、冷え性の原因によっては効果がない場合もありますので、生活習慣や食生活の見直しも大切です。

しかし冷え性に良いことには変わりはありませんので、冷え性にお悩みの方は生活に取り入れやすいルイボスティーを一度試してみてはいかがでしょうか。

ノンカフェイン ルイボスティー ティーバッグ 100個入
ティーライフ
¥ 1,029(2018/11/02 17:11時点)

コメント