ルイボスティーは肝臓の救世主!内側から若返れば二日酔いしない!?

あなたは二日酔いをした経験はありますか?

頭痛、胃の不調、喉の渇き、本当に困ったものですよね、気分よく飲んでいたお酒が、次の日魔のようなの痛みと辛さに変わる!思わず仕事を休んで寝ていたい、そんなこともあるでしょう。

二日酔いに良いとされているルイボスティーをご存知ですか?今回はルイボスティーが二日酔いに良いとされている理由についてご案内していきます。

効果はあった? みんなの口コミは?

50代:女性
おすすめ度:★★★★★ 5
二日酔いと便秘に効果
私はアンチエイジングの為に飲んでます。薄毛白髪の効果についてはよくわかりませんが、二日酔いには効果があります。
二日酔いで気持ち悪かったところ、緩和してくれました。ついでに便秘にも効果があるみたいで、使ってからあの苦しみを味わうことがなくなりました。悪かった点として、あの独特な匂いと味です。私は慣れましたが初めての時は顔をしかめましたが、良薬口に苦し、その点は我慢できました。
40代:男性
おすすめ度:★★★★☆ 4
いつもの2倍お酒を飲みました
お酒の席がある日の夕方に飲みました。
効果を期待して久しぶりにさほど得意では無いお酒をいつもの2倍くらい飲みましたが、二日酔いにならず、無事仕事に行くことができました。
20代:女性
おすすめ度:★★★★★ 5
むくみにも効果あり
むくみに効果がありました。二日酔いも和らぎましたね。

アンケートの口コミはいかがでしたでしょうか?

ほとんどの方が二日酔いが緩和された、二日酔いしなくなったという効果を実感しているようです。

普段から飲むことで習慣にしやすいルイボスティーですので、健康管理として飲んでいるかたが多いみたいですね。

二日酔いの原因は、肝臓の老化

肝臓 老化

ルイボスティーを飲むことでなぜ二日酔いが緩和されるのでしょうか?その仕組を知るには少し肝臓の仕組みについて理解しておく必要があります。

あなたは肝臓が老化するって知っていましたか?そして肝臓の老化がもたらす影響をご存知でしょうか?

肝臓のサビが全身の老化に直結
【質問】
「“沈黙の臓器”といわれる肝臓がさびると、全身の老化につながるってホントですか?」【回答】
「体の臓器の中でも最も大きく、生命活動の“肝”である肝臓。実は、活性酸素の影響を受けやすい臓器ということをご存じでしょうか。肝臓のさびが進めば、当然、全身の老化にも拍車がかかります。しかし、肝臓は“沈黙の臓器”といわれるように、そのダメージはなかなか表に現れません。だからこそ、性別や年代にかかわらず早めのケアが重要です。活性酸素の害から肝臓を守ることがいかに大切か、ご説明いたします。

引用:健康情報レポート

このように肝臓は、全身の老化に直結しています。「昔はお酒強かったんだけど最近は飲めなくなって・・・」という話をよく聞きますが、肝臓が老化も関係して、アルコールの吸収が早くなっている場合が考えられます。

アルコールを大量に摂取すると、分解するために大量の水が飲みたくなり、のどの渇きや脱水症状、頻尿の原因となります。

またアルコールと大量の水分が体外へ出ていくため、健康に必要なミネラル類も一緒に排出されてしまい、肝臓の機能が正常に働かなくなり、体内に大量のアセトアルデヒが溜まり、その結果二日酔いが起きるのです。

アセトアルデヒドを分解するとき、体内で大量の活性酸素が作られ、大量発生する際に、正常な細胞まで傷つけてしまい肝臓の働きを鈍らせます。

そしてひどい場合には、頭痛、食欲不振、吐き気、下痢などの脱水症状や、筋肉痛、頭痛、だるさを伴う低血糖症など、肝臓の機能が正常に働かなくなり、アルコールの分解ができず、二日酔いが起こります。

活性酸素の大量発生は肝臓老化の原因となります。

肝臓老化を放置しすぎると

肝臓老化 放置
肝臓に中性脂肪が蓄積された状態が続くと脂肪肝になります。脂肪肝とは、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが悪く、脂肪や糖質の摂りすぎ、運動不足などにより使いきれなかった脂肪酸、ブドウ糖が中性脂肪として肝臓に蓄積されます。

脂肪肝を放置していると肝硬変、または肝臓がんのリスクが高まります。お酒の飲みすぎや肥満、糖質の摂りすぎに注意しましょう。

ルイボスティーの肝臓ケア

健康 肝臓 ケア

それでは、ルイボスティーが二日酔いに対してどのような効果があるのでしょうか?

二日酔いの原因となるのは、アルコールが体内で分解されるときにできるアセトアルデヒドという物質です。

このアセトアルデヒドは毒性の強い物質で少量なら肝臓で処理することができるのですが、大量に発生すると吐き気や頭痛の原因となります。

そして、アセトアルデヒドが分解されるとき、活性酸素がたくさん作られ、肝臓の働きをさらに悪くするのです。

ルイボスティーはこのアセトアルデヒドに対して、抗酸化作用のあるSODとフラボノで活性酸素を取り除き、排出してくれるというわけです。

ルイボスティーには活性酸素を除去する役目ある酵素がたくさんふくまれています。

そのため、普段から濃く煮出したルイボスティーを常飲していると、二日酔いなりにくくなると言われています。

また、肝臓の機能が低下すると貯蔵できる血液量が減少し、髪の毛に送られる血液量が減少するため、白髪、肌荒れの原因、ということも言われております。

亜鉛をたくさん含むルイボスティーを飲むことによって白髪や肌荒れの原因である亜鉛不足を解消することができるとも言われています。

まとめ

二日酔いにルイボスティーの効果はありそうですね。

薬と違って即効性はありません
飲み続けることによって二日酔いにも強くなれそうですし、
若返りのお茶として、飲んでみてはいかがでしょうか?

もちろん、普段からの食事や生活にも気を付けながら、おいしく飲んで健康になりましょう!

ノンカフェイン ルイボスティー ティーバッグ 100個入
ティーライフ
¥ 1,029(2018/11/02 17:11時点)

コメント