人気のルイボスティーはどんな味?美味しい飲み方とレシピ


最近では、ダイエットや妊娠中の方にも安心して飲める事で有名なルイボスティーですが、どんな味がするの?と初めての方は気になっていませんか?

今日はそんな身体に必要なミネラルをたくさん含むルイボスティーの特徴や美味しく飲む為の淹れ方などをご紹介したいと思います。

ノンカフェインでアイスでもホットでもごくごく飲め、クセが無く簡単に作れる為家の冷蔵庫に作り置きに最適です!

味の特徴

ルイボスティーは、紅茶のような赤茶色になります。

味も渋みの少ない紅茶のような味で、癖がすくないので初めての方でも飲みやすいと言われています。

後味はほんのすこしミントのようなスーッと爽やかな感じがします。

渋みが少ない分、薄いと感じる方もいるようですが、煮出す時間によって味を濃ゆくすることもできます。

ルイボスティーの美味しい淹れ方

ルイボスティー 淹れ方

ルイボスティーは、煮出しすることによって身体にいい成分(ミネラルなど)が多く出るという特徴を持っています。
たっぷりのお湯で15分以上煮出ししましょう!(大体の水の目安は、茶葉3gに対して水1.5リットルくらいです。)

~淹れ方~

  1. 鍋ややかんなどでたっぷりのお湯を沸かします。
  2. 沸騰しているお湯の中にルイボスティーの茶葉(ティーパック)を入れ15分以上火にかけます。
  3. 15分以上たった後、火を止めさらに15分程度抽出し完成です。

ミルクルイボスティー

一番紅茶などでもあわせて飲まれることが多いミルクですが、ルイボスティーとの相性もかなり良いです。

ルイボスティー自体カフェインがなくクセが無い為ミルクの香りと相性がよいです。

ホットで飲む場合などは、寝る前より寝起きの方が身体のスイッチを入れるためのグリコーゲンがたくさん含まれているためおすすめです!

~作り方~
ホットの場合

    1. 鍋に牛乳を入れて弱火で沸騰しないように注意しながら加熱します。

  1. 煮出ししておいたルイボスティーをカップに用意します。
  2. 温めた牛乳とルイボスティーをあわせて完成です。(お好みで砂糖をどうぞ♪)

アイスの場合

  1. 最初にご紹介したルイボスティーの作り方で③の部分で冷蔵庫に、茶葉を抜いて冷やしておきます。
  2. ①で用意したルイボスティーに、牛乳を入れ完成です。(お好みで氷もたっぷり♪)

スイートルイボスティー

ルイボスティー 砂糖
一番基本となる飲み方ですが、砂糖の選び方によって美味しさや飲みやすさが大きく変って来ます!

一番おすすめは、グラニュー糖です。クセがなく溶け易いので最適です。

砂糖は、ストレスホルモンであるコルチゾールを抑制する効果がある為お昼時や寝起きのエネルギー不足の身体におすすめです。

~作り方~

    1. 煮出しした、温かいルイボスティーをカップに用意します。
    2. お好みの量のグラニュー糖をいれ軽く混ぜます。

  1. しっかりと溶けたら完成です!

ハニールイボスティー

ルイボスティー はちみつ
ルイボスティーと相性が良くカロリーなどを気にされている方におすすめの飲み方になります。

はちみつには、抗菌作用や殺菌作用がとても多く含まれており自然由来の甘さの為、身体に優しく冷え性などを防止してくれる効果を持っています!

風邪気味や喉の調子を整えるときに飲むと良いでしょう。ちなみに、うがいなどをして喉を殺菌することにも適しています!

~作り方~

    1. 煮出しした、温かいルイボスティーをカップに用意します。
    2. お好みで、少しずつはちみつをいれ好みの甘さに調節します。(砂糖と違い徐々に甘さやはちみつの香りが出ます)

  1. ゆっくりと混ぜ、お好みの溶け具合にしたら完成です!

ジンジャールイボスティー

冷え性や、代謝改善などで女性の味方である生姜もかなりルイボスティーと相性が良いですので是非ホットで飲みましょう。

ルイボスティーのもつ、抗酸化作用に加え身体の芯から暖め新陳代謝を改善する効果をもつ生姜はダイエットや妊娠中の方にもおすすめです。

すりおろし生姜を使うか薄くスライスした生姜を入れるかで味の変化を楽しめます!

~作り方~

    1. 生姜を軽く水洗いし、薄くスライスします。(皮付きで大丈夫です。すりおろす方は皮付きですりおろしましょう)

  1. 煮出しした、温かいルイボスティーをカップに用意します。
  2. スライスもしくは、すりおろした生姜を加えて軽くかき混ぜ完成です!

フルーツルイボスティー

フレッシュなフルーツとも、相性が抜群でスライスしたフルーツを冷えたルイボスティーに入れればフルーティな味が楽しめます。

ホットでも美味しく飲めますが、形が崩れやすく皮が薄い果物はあまりむかないので注意が必要です。柑橘類がホットに入れるのであればおすすめです!

柑橘系の代表で言うと、レモンやグレープフルーツ、オレンジなどが人気ですね!他にも、りんごやイチゴやラズベリーなどもあります。

アイスに入れるのであれば一口サイズにカットして冷凍して氷と一緒に加えると美味しく飲めますよ!

~作り方~

    1. お好みのフルーツを水洗いし、スライスします。

    1. アイスの場合、スライスしたフルーツをルイボスティーと一緒にポットなどに入れ冷蔵庫で二時間程度冷やします。ホットの場合は、カップに温かく煮出した、ルイボスティーを用意します。
    2. アイスはそのまま、氷をグラスにいれ注ぎお好みでスライスフルーツを添えてもいいでしょう!ホットは、スライスしたフルーツをいれ軽くスプーンなどで混ぜて完成です!

まとめ

いかがでしたか?身体にとても優しく、女性のうれしい成分をたくさん含むルイボスティーですが、飲み方は今回ご紹介した以外の方法もたくさんあると思います。

その日の気分にあった飲み方が出来るようたくさんのアレンジレシピを知っておくと続けやすく、おいしく飲んでいるうちに身体の健康状態が自然と回復し健康へ結びつくはずです!

ぜひ、いろいろなアレンジを試し心も身体も健康な生活をルイボスティーで始めてみませんか?

ノンカフェイン ルイボスティー ティーバッグ 100個入
ティーライフ
¥ 1,029(2018/11/02 17:11時点)

コメント