オーガニック 玄米

ルイボスティーでデトックス効果!利尿作用はメリットだらけ

投稿日:2017年10月31日 更新日:

この記事の監修 管理栄養士

柴田駿

・管理栄養士 ・栄養士 ・調理師免許


女性に人気で、現在は医療現場でも治療方法としても導入されるほど効能効果がたくさんあるルイボスティーですが、その効能の中に私たちの身近でもっとも身体に効果を感じやすい効果があります。

それは、利尿作用です。そのルイボスティーの持つ利尿作用のメリットデトックス効果についてご説明していきます!

利尿作用とは?

ルイボスティーには、数多くのミネラルが含まれています。その中でも、強力な利尿作用をもつのがカリウムです。なぜ、カリウム利尿効果を持っているかを簡単にご説明します。

カリウムには、水分と塩分(ナトリウム)のバランスを整える効果があり、カリウムが不足している身体は塩分(ナトリウム)のバランスを整える為身体に、水分を溜めてしまうのです。その結果、身体のむくみ老廃物を溜める原因になってしまうのです。

つまり、カリウムが不足し、身体に余分な物が溜まっている状態だからこそカリウムが豊富なルイボスティーを飲むことによって体内の水分バランスを調節する結果が、利尿作用に繋がっているのです。

新陳代謝の改善、活性化

上記でご説明した、カリウムが持つ利尿作用によって身体の老廃物が尿と一緒に外に排出されます。これによって、身体の血液の循環が改善することによって、新陳代謝が正常になります。

その改善された代謝は、運動によって機能が改善しさらにはどんどんと活性化していきます。身体のむくみが無くなると言う事は、そのむくみによって圧迫されていた筋肉細胞への血液の流れが良くなる事で、新陳代謝の改善にかなり影響しているのです。

むくみ予防効果

カリウムが不足することによって、発生するむくみですが普段から身体的にカリウムが不足していなければ、むくみが発生することはありません。

塩分の多い食事をとったり、お酒をたくさん飲んだりしたとしてもカリウムをルイボスティーでしっかりと補給しておけばむくむ心配もありません。

むくみ防止の効果がかなりありますので、むくみに悩んでいる方は是非、ルイボスティーをお試しください!

通風の発生防止効果

痛風とは、膝等間接部分に疲労物質である尿酸が溜まりそれが結晶化することで神経を圧迫し痛みを発生させる病気のことです。

痛風の主な原因は、体内の尿酸濃度が高い為に発生する病気です。
ルイボスティーはその尿酸の濃度下げる効果を持っています。

そのため、痛風の予防効果が高いされており現代の医療の世界でも注目が集まっているのです。

デットクス効果によるシェイプアップ効果

ルイボスティーには、上記でご紹介した利尿作用によって体内の老廃物排出(デトックス)する効果が高いです。

利尿作用以外にも、ルイボスティーには抗酸化作用があり、体内の不要な活性酸素から身体を守る酵素をたくさん含んでいます。
そのため、デトックス効果にプラスして老化防止効果もかなり期待できるのです!

ルイボスティーは、ノンカフェインで女性にうれしい成分がたくさん入っているのでゴクゴク飲んでも安心です。

利尿作用で脱水症状になるの?


では、ルイボスティーを飲むと利尿作用がたくさん働いて身体の余分な老廃物などを、外に出すけど水分も一緒に出るから脱水症状にならないの?という疑問が発生してくると思います。

しかし、ご安心ください。脱水症状は起きません。

なぜなら、利尿作用を発生させるミネラルであるカリウムは、身体の中の水分と塩分のバランス調節する役割を担っているからです。

調節している結果、体内に余分な水分が多く残っている為、利尿作用に繋がっているのです。
ですので、余分な水分排出する役割を担っている為脱水症状の心配はありません。

カフェインなどのの持つ、利尿作用は脳の中の神経受容体であるアデノシン受容体と言う部分に反応して利尿作用を起こす為、脱水症状の心配はありますがルイボスティーはノンカフェインですので無理やり利尿作用を発生させているわけではなく、カリウム調節作用による利尿効果ですので心配ありません。 

ルイボスティーの副作用とは?


ルイボスティー自体に副作用はありません。
しかし、多くのミネラルを含んでいる為短時間での大量の摂取はあまり身体的によくありません。

ミネラルが多い為、飲みすぎる下痢などを引き起こす可能性がありますので飲みすぎには注意が必要です。

ルイボスティーによってアレルギー症状が発生する方も中にはいます。どうしても飲みたい場合は、少しずつ少量から身体を慣らしてきましょう。

ルイボスティー自体にアレルギーを発生する場合は、上記の方法で大丈夫です。

しかし、保存方法や賞味期限、保存料、添加物によるアレルギー症状である場合対処を変えなくてはなりません。
茶葉で、保存することが主流になりますのでダニカビなども、アレルギーを引き起こしている原因になりますので保管方法や記載されている成分を良く見て購入しましょう。

頻尿気味の方は、寝る前などにルイボスティーを飲んでしまうと夜中にトイレに起きる回数が多くなることがありますので、寝る前のルイボスティーは控えましょう。

ルイボスティーの利尿作用についてのまとめ

利尿作用といっても、その摂取する物によって効果が変わってきます。
簡単に、始められるものですがかなり女性にはうれしい効果がたくさん含まれているルイボスティー、翌朝の顔のむくみや仕事から帰ってきたあとの足のむくみにも効果的に作用します。

日々の生活の中にルイボスティーを取り入れて、まずは健康への第一歩をはじめてみませんか?

-オーガニック, 玄米


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

治らないのは便秘の種類!玄米で治せる便秘の特徴とダイエット効果

日本人は欧米人に比べ、腸が長いためか便秘で悩む人が多いそうですが、 玄米で食物繊維を摂る、ということを聞いたことがありますか? 食物繊維の多い玄米で便秘解消の効果的な方法についてお伝えします。 便秘と …

【玄米と白米】栄養差2倍~7倍!美容・健康にいい3つの理由

皆さんは玄米の栄養素がどのぐらいか知っていますか? 玄米には白米にはない栄養が沢山含まれており、白米よりも健康や美容に良いと言われています。 そこで今回は玄米と白米の比較をして、どのぐらいの違いがある …

酵素玄米は寝かせる価値があるの?ダイエットには?玄米と比較してみた

皆さんは「酵素玄米」という言葉をご存じでしょうか? 最近よく聞く酵素の二文字。テレビやラジオで酵素、こうそと言っておりますが、実際はなんか体によさそうというふんわりとした感覚しかありません。 そして最 …

玄米とロウカット玄米は何が違う?発芽毒は無いの?

ロウカット玄米という言葉を耳にしたことがあると思いますが、普通の玄米と何が違うの?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか? 今回は「玄米」と「ロウカット玄米」の違いや栄養素に差があるのか?など …

雑穀米のアレルギーに注意が必要!気を付けるべき6つの種類

皆さんは雑穀米を食べる事によってアレルギーが出るのか不安になっている人もいると思います。 雑穀米は栄養素が高いのですが、実際にアレルギーの症状や対処法などを加えて紹介させて頂こうと思います。 Cont …