ルイボスティーってなに?効果・効能のまとめ

ルイボスティーとは

ルイボスティーとは、南アフリカの先住民族によって数百年前に初めて飲まれ、

シダーバーグ山岳地域のみに育つ植物から作られたお茶です。

その独特の赤い色から「レッド・ブッシュ」または「レッドティ」

として知られており、美しい琥珀色で有名になりました。

種を巻いてから一年半後に収穫することができるようになり、

3年後には大きな生産性を生むことが可能です。

天然のルイボス(アスパラサス・リネアリス)は高さ1mから

1.5mくらいまでに成長しますが、栽培されたものは高さ50cmから1.5mと様々です。

気候や土壌によってサイズはいろいろです。

主に、お茶とは言っても根っこの部分を収穫して作られます。

世界的に人気なのはなぜ?


ルイボスティーの人気の秘密はとても幅広く、米国のセレブたちや世界中の健康志向の女性に大人気のようです。

味にもクセはなく、渋みの少ない飲みやすいお茶なので、お砂糖やハチミツを入れても良いでしょう。

ところで、なぜルイボスティーに人気が集まるのでしょうか?

アンチエイジング・美肌に


ルイボスティーには、活性酸素(体をサビつかせるもと)を落としてくれる

活性酸素分解酵素というものが多く含まれ、ルイボスティーの効果は

アトピー肌の症状改善という事例もあり、美肌に効果が期待できます。

妊活中の女性にオススメ


体の様々な老化の元、活性酸素を分解する酵素が、卵子や精子が老化するのを抑えるので、妊娠率が上がると言われています。

男女ともに健康と若さを保つためにもぜひ飲んでいただきたいですね。

ただし、加齢による卵子、精子の老化は防ぐことはできません。

むくみや冷えを解消


ルイボスティーには亜鉛やミネラルが多く含まれています。

そのため、体内エネルギーを発生させて体温を上昇させます。

そして、リンパや血液の流れを良くして、老廃物などを

排出させるデトックス効果もあります。

アトピーや花粉症にも


アトピーや花粉症の原因に、活性酸素が過剰にできるということが

言われています。活性酸素分解酵素の含まれるルイボスティーで

体内の活性酸素を分解、排出、デトックスされるのです。

ダイエットに効果あり


活性酸素分解酵素で体に含まれる毒素を排出してくれる作用があり、

マグネシウムが腸内の水分を吸収してくれます。それにより、

腸のトラブルを防ぎ、便秘を解消してくれます。

カフェインレスで妊婦や子どもでも飲める


ルイボスティーは、カフェイン含有量ゼロの「カフェインレス」のお茶です。

赤ちゃんから、お年寄りまで、特に妊婦さんにはおすすめですね。

お茶のほとんどがカフェインが入っておりますが、

カフェインレスのルイボスティーで妊婦さんも安心ですね。

ルイボスティー効果効能まとめ

妊活効果 貧血 利尿作用
膀胱炎 アトピー アレルギー
蕁麻疹 花粉症 高血圧
糖尿病 白髪 肝臓
薄毛 毛細血管 血液サラサラ
コレステロール 二日酔い 喉の痛み
喘息 免疫力 安眠
イボ 虫歯 ステイン
リウマチ 自律神経 ダイエット
中性脂肪 体質改善 むくみ
便秘 美肌 シミ
シミ 美白 女性ホルモン

まとめ


とても栄養たっぷりのルイボスティー、なんだかすぐにでも飲みたくなりませんか?

食事と一緒に、お子さんとおやつタイムに、作り置きして飲んでも良さそうですよね。

普段から気軽に飲むお茶として、常備してみても良いのでは?

ノンカフェイン ルイボスティー ティーバッグ 100個入
ティーライフ
¥ 1,029(2018/11/02 17:11時点)

コメント