よく聞く腸内環境とは一体どんなものですか? また、なぜ改善しましょうといわれるの?

腸内環境とは一体どんなものですか?

腸内環境をよくしましょう!

健康やダイエットに興味がある方なら、間違いなく聞いたことがある言葉なのではないでしょうか?

よく聞くからなんとかしなきゃいけない! と考える方も多い一方で、なぜよくしないとダメなの? と、あまり知らずによくしようと頑張っている方も多いです。

そう聞くからではなく、目的がわかっている方が頑張ることができますよね。

結論から先にいえば腸内環境がいいことは健康にもダイエットにもいいのですが、何がいいのかわかっての行動の方が間違いなくがんばれますよね。

毎日の食事が特に関係してくる腸内環境。腸内環境がいいことによる健康とダイエットにかからる大きなメリットから、わるい状態でおこるデメリットまで紹介します。

なぜ腸内環境がよくないとダメなの?

なぜ腸内環境がよくないとダメなの?

腸内環境をよくした方がいいのはわかっても、その理由が分からないとなかなか行動に移すことができる方は少ないです。ですから、先にデメリットから紹介します。

腸内環境がよくない、わるいことによるデメリットは次の通りです。

  • 便秘や下痢
  • 肌荒れ、吹き出物ができる
  • 自律神経への悪影響
  • 体臭、口臭の悪化
  • 太りやすくなる

女性、男性ともに、デメリットでしかないですよね。なぜ腸内環境をよくしましょう! といわれるのは、よくない状態はデメリットしかないからです。

現在進行形で上記で悩んでいるなんて方は、腸内環境がよくないのが理由かもしれません。

なぜ腸内環境がよくないとこのような状態になるのか、続けて紹介します。

通常の便が黒っぽく、悪臭があれば、腸内環境がよくないです。

デメリットが発生する理由

① 腸内環境がよくないことで、まず発生するのが便秘。または、たまってしまって、突如として起こる下痢…。

老廃物が腸内に長くとどまった状態は、ガスが発生。このことは場合によっては痛くなる下腹部の張りや、くさいおならの原因です。

② ガスはおならだけではなく、成分が血液に吸収されて体中に運ばれ、嫌な体臭や口臭として排出される原因にもなります。

③ 便が排出されずに老廃物がカラダにとどまると、ガスと同じく発生する有害物質が吸収。吸収された有害物質は欠週にようって体中に運ばれます。

カラダは有害物質を排出しようとするため、肌の角質や皮脂を結びついて老廃物がたまる状態となり、肌荒れや吹き出物の原因です。

④ 腸内環境がよくないことによる便秘や肌荒れのデメリットは、ストレスとなって自律神経にも影響があります。ストレスは新たなストレスを生みますので、負の連鎖となってしまいます。

次の項目で紹介しますが、ストレスは腸内環境をわるくする大きな原因の1つです。

⑤ 腸内環境がよくないと本来の腸の働きが衰えてしまうため、ビタミンの生成が行われない。消化や吸収がうまくされず、代謝がわるくなります。

このことは太りやすくなる、大きな原因です、

腸内環境がよくないことは、誰でもなりたくない象徴のようなデメリットしかありません

腸内状態をわるくする原因とは

腸内状態をわるくする原因は人によってさまざまですが、次のようなことが原因となっています。

  • 偏食、暴飲暴食
  • 過度な飲酒
  • 喫煙
  • 生活習慣の乱れ
  • 運動不足
  • ストレス

ストレス社会と呼ばれて長い現在では、最後のストレスだけ全くなしというのは難しいです。ですが、他は少しだけ意識すれば改善が可能なことばかりですよね。

といっても大きく変えるのはストレスになってしまいますよね。少しずつ改善して、メリットを感じたらまた少し改善という形をオススメします。

腸内状態がよくない状態が長く続くと…

腸内状態がよくない = 腸内フローラのバランスがわるい状態を長く続けるのはよくありません。

また別途別記事として紹介しますが、腸内に悪玉菌が多く活性酸素が多い状態は肝炎や、がんなど命に関わるような重大な病気の原因にもなってしまします。

腸内環境が悪いと認識しながらの無対応は、後で後悔してからでは遅いですよ。

腸内環境がいいと何がよくなるの?

腸内環境がいいと何がよくなるの?

腸内環境がわるい状態のデメリット、怖さを先に紹介しましたが、逆に腸内環境がいい状態ではこんなメリットがあります。

  • 代謝が促進し、ダイエット効果
  • 快便
  • 美肌効果
  • ストレスの軽減
  • 体臭や口臭の改善

腸内環境がわるい時とは、正反対の結果を得ることができます。腸内環境をよくすることで女性なら今よりもキレイになって、男性ならかっこよくなれるとなれば、腸内環境をよくしない手はありませんね。

通常の便が黄色、黄色かかった褐色で匂いがきつくなく、バナナ状の柔らかいものであれば、腸内環境がいいといえます

メリットが発生する理由

① 腸内環境がいい状態はぜんどう運動(※)が促進されることで、便秘が解消されて便が毎日自然にでるようになります。※ 筋肉の収縮波を伴う、うごめくような運動

便が腸内にたまらないことは老廃物が少ない状態になるため、ガスも発生がしずらく、おならの匂いも気にならないようになります。

② 老廃物がたまらない快便状態は、別途老廃物を出す必要がなくなるため、吹き出物もできずらく肌質の改善が期待できます。

③ 小腸ではホルモンであるセロトニン。通称「幸せホルモン」と呼ばれる、気落ちを落ち着かせるホルモンが腸内環境がよくなることで多く作られます。

セロトニンが多く作られることは気持ちの安定につながり、イライラなどストレスの軽減が期待できます。

④ 腸内環境がいいと腸本来の働きをしてくれます。腸内でビタミンを生成する働きも活発になり、消化や栄養の吸収力がアップし、代謝の活性化が期待できます。

このことは太りづらく痩せやすい体質への変化も期待できますよ。

腸内環境をよくすることは、メリットしかありません

毎日の食事が腸内環境に与える影響とは

毎日の食事が腸内環境に与える影響とは

毎日の食事が腸内環境に与える影響は、とても大きいです。

なぜ与える影響が大きいのかといえば、口から摂取したものは必ず腸を通ることになります。これは飲み物であっても、食べ物であっても変わりません。

どちらであっても必ず通る、関係するものだからこそ、食事が腸内環境に影響するということですね。

腸内環境をよくする食事をどうすればいいのかは、まずはバランスのいい食事が第一優先です。その上で腸にいいヨーグルトや発酵食品を摂取した方が、目に見えて改善をみることができますよ。

 

バランスの取れた食事について別途記事にしていますので、よろしければこちらも合わせてご覧ください。

運動不足も腸内環境に影響します

前述の通り毎日の食事に比べると影響度は少なくなりますが、運動も腸内環境に影響します。運動をすると体中に酸素がめぐり、体に刺激を与えることは自律神経によい影響をあたえ、腸の活性化につながるからです。

ウォーキングやランニングをしていると大きい方をしたくなるというのは、まさに運動によって腸の活性化ができている症状ですね。

運動というと、特に普段運動をされていない方は、息が切れるような激しい運動を想像する方が多いです。そんな激しい運動は続かないですし、いりません。

腸内環境をよくするには「明日もまたこれならストレスなくできる! 」 という、適度な運動で問題ありません。

何の運動もしていないよという方は、まずは1日5,000歩のウォーキングを目指すというような、少しだけ気をつければできそうな運動から始めてみてください。

食事もですが、運動も続かない無理は絶対にしてはダメですよ。

 腸内環境をよくする改善は必須でした

腸内環境がよくなればハッピーに!

腸内環境をよくすることは、毎日を健康に過ごすためにも必須でした。

モデルさんのような体形になるや、筋肉がムキムキになりたい! というのであれば、相当な覚悟が必要です。でも、腸内環境をよくするというのであれば、そんな難しいことは必要ありません。

していなかったことをするため最初だけ大変かもしれませんが、少しの改善で腸内環境をよくすることは誰にでも可能です。

腸内環境をよくすることはメリットしかありませんので、なれて当たり前の状態になるまで、少しだけ頑張ってみてくださいね。頑張った以上の見返りがありますよ。

 

以上が『よく聞く腸内環境とは一体どんなものですか? また、なぜ改善しましょうと言われるの?』についてでした。

コメント