雑穀米のおいしさの秘訣 (ひけつ) ! 炊き方・保存方法で味はおいしくなる!

雑穀米をおいしく食べられていますか?

炊きたても冷凍保存してパサパサにならないのか、炊飯器の保温や冷蔵保存では味が落ちるのか気になる方も多いです。

また、雑穀米のおいしい保存方法や保管期限なども知りたい方も多くいます。

そこで今回は、雑穀米のおいしい冷凍保存方法や、炊き方をご紹介していきます。

おいしい保存方法は炊き立て

雑穀米の炊きたて
冷凍保存がおいしい理由は、雑穀米には白米の他に黒豆や赤米、玄米や大麦、あわやひえなどの食物繊維が多く含まれています。

このため炊飯器の保温などでは、雑穀米に含まれている水分が蒸発してしまい、もちもちとした食感がパサパサになり味が落ちてしまいます。

そこで、おいしさをキープするには、炊きあげた雑穀米を熱いうちに1食分ずつ手早くラップし、粗熱を取ったら密閉袋などに入れ冷凍します。

この様に熱いうちに急速冷凍することで、炊きあげたときの水分を保ったまま保存ができるのです。

また、解凍した時にも炊きたての状態が維持でき、もちっとしたおいしい雑穀米がいただけます。

この様に炊きあげた雑穀米は、冷凍保存がおいしく食べられるおすすめの保存方法です。

炊きあげた雑穀米は冷蔵保存や炊飯器保存ではダメなの?

雑穀米の冷蔵保存はダメ
炊きあげた雑穀米を冷蔵保存するのがなぜダメなのかというと、ご飯の劣化は2度から4度の低温時に最も進むため冷蔵庫での保温ではNGなのです。

なぜなら、雑穀米は食物繊維が多く炊いたときに糊化(こか)が起きません。
このため白米と違い雑穀米は冷蔵保存での影響が大きく、水分が奪われパサついたり固くなったりして、ご飯のうまみが失われてしまうためです。

また、炊飯器の保温保存では、ついつい長時間になり水分蒸発が起き、パサつきやご飯の色が変色します。最後にはムワーとした臭いまで出てきてしまうなど、おすすめできない保存方法なのです。

この様に冷蔵保存や炊飯器保存では、味が落ちてしまいおすすめできません。

雑穀米の冷凍後の栄養価は大丈夫?

雑穀米の冷凍後の栄養価は大丈夫?

冷凍保存方法では、炊きあげてすぐに冷凍保存し、食べる際に短時間でレンジ解凍します。
この急速冷凍保存と短時間解凍方法のセットが、他のどの保存方法より栄養価の低下が最小限に抑えられ、おすすめの保存方法です。

この様に栄養価やおいしさを損なわないのは、急速冷凍と急速解凍が基本ですよ。

解凍する際は、レンジの解凍や冷蔵庫内の解凍、自然解凍などは使用しないでレンジで加熱してくださいね。

雑穀米の冷凍保存の保管期限(賞味期限)は?

炊きたての雑穀米を急速冷凍したものの賞味期限は、3週間から1カ月程度です。ちなみに冷蔵保存の賞味期限は3日ほどと短くなっています。

賞味期限とはおいしく食べられる期限、期間のことです。食べられないことはありませんが、賞味期限をすると格段に味が落ちてしまいます。

1カ月の賞味期限があれば、一人や二人の少ない家族では、毎日雑穀米を炊かなくても2~3日に1回炊いて冷凍保存し、食べるときにレンジで加熱し簡単に食べることが可能です。これは便利ですね!

炊く前の雑穀米の保存方法は?


雑穀とは乾物類で乾燥や酸化が進まないよう、空気や光が当たらない低温の場所が、雑穀米の保存に適しているのです。

そこで雑穀米を保存するには、密閉できる容器などに詰め替え、15度以下の冷蔵庫の野菜室などに保存するのがおすすめです。
この時、密閉容器がなければ、ペットボトルを洗って乾燥し利用されてはいかがでしょうか?

穀物は保管場所の温度や湿度により劣化やカビ、虫が発生します。
ちなみに15度で品質の劣化が進み、20度で虫が湧くなど、保管場所には注意が必要ですね。

保管状態にもよりますが、穀物の賞味期限は1年から2年程といわれています。
しかし、開封後は夏場で1カ月、冬場でカ月となっています。
いずれも賞味期限内に食べきるようにすればおいしくいただけます。

冷凍保存する雑穀米のおいしい炊き方とは

ご家庭の炊飯器で、おいしい雑穀米の炊き方についてご紹介していきます。
炊く前の雑穀米の保存方法は?

炊飯器でおいしく炊く方法

1. 白米を洗米をする
まず、たっぷりの水で手早く優しく白米を研ぎます。

2. 洗米は時間をかけずに手早く
洗い始めの白米は吸水しやすいので、米ぬかの臭いが付かないように素早く洗い流してください。

3. 炊飯器にお米をセット
洗米をしたお米を炊飯器に移し、いつもの分量の水を加えます。

4. 雑穀米を入れる
次に雑穀米を、1合に対して小さじ1杯を目安に入れ、全体を軽くまぜてください。
なお、分包されている雑穀米の場合は2合に1袋を目安に入れます。
この分量はあくまで目安ですので、お好みで調整してくださいね。

ちなみに雑穀米は洗わないで、そのまま使って大丈夫です。

5. 炊飯器をセットして炊く
後は炊飯器をセットし炊くのですが、今回は冷凍前提なので、ここで水を1.3倍追加します。この水の追加でパサつかないおいしい雑穀米が炊けるのです。

次に浸水時間ですが、夏場は30分で冬場は1~2時間ほど浸水させる事で、ふっくらと炊きあがります。

今回は冷凍前提でお水を1.3倍追加していますが、冷凍前提でない場合も白米より大さじ3杯程度水を多めにします。

6. 炊きあがったら蒸らし、しゃもじでほぐし完了
炊きあがったら、15分から20分蒸らしてください。
この蒸らしがおいしさを増やします!
蒸らし時間が済んだら、しゃもじでつぶさないようにほぐしてくださいね。

以上がご家庭の炊飯器で雑穀米をおいしく炊き上げる方法です。

一つの炊飯器で雑穀米と白飯を一度に炊く方法

ご家族の中でも雑穀米にはまっている方や、白飯が好きな方がいると、それぞれを満足させるには、2回ご飯を炊くことになってしまいます。

こんな要求にも困ることなく、一つの炊飯器で雑穀米と白飯を同時に炊く方法があるのでご紹介します。

その方法とは
洗米をした白米を炊飯器にセットし、いつもの分量の水を入れ、炊飯器の片方の隅に雑穀米を静かに入れ混ぜないで、炊き始めるのです。
一つの炊飯器で雑穀米と白飯を一度に炊く方法
炊き方は浸水時間や蒸らし、ほぐし時間などは、上記のおいしい炊き方と同じ方法です。

この方法で炊くと、炊飯器が一つで雑穀米が半分、白飯が半分できあががるのでラクですよ!(今回は黒米が入っていたので白米に色がついています。)
一回で白米と雑穀米が炊けた

おいしい冷凍保存の方法

炊きあがった雑穀米は、もうその時点からおいしさが落ち込み始めるのです。
だから、始めから冷凍保存する分と食べる分に分け、保存する雑穀米は急速冷凍します。
この冷凍方法が解凍してもおいしくいただけるポイントです。
詳細についてご紹介していきます。

炊きあげて素早く冷凍

炊き上がった雑穀米は、冷まさないで熱いまま1食分ずつラップに包みます。
粗熱が取れたら小分けにし、密閉袋か密閉容器に入れて冷凍します。
炊きあげて素早く冷凍
この時粗熱をとるだけで、完全に冷まさないでくださいね。
完全に冷めると、水分が飛んで雑穀米のモチモチしたおいしさがなくなってしまいます。

また、ラップで包む厚さは2~3cmほどの平らになるように包みます。
ラップで包む厚さは2~3cmほどの平らに
この様に薄くラップすることで、急冷凍や急解凍が可能になるのです。

なお、冷凍する時にアルミホイルを下に引くと冷凍時間が短縮でき、さらにおいしさを引き立たせてくれます。

もう一つの注意点は、雑穀米の包み方はつぶれないよう緩めにつつむことで、解凍したときにおいしい食感が味わえるのです。

モチモチふっくらになる解凍方法は

おいしい解凍方法は、食べる分だけ取り出し常温に置き、ラップ内に水滴ができるまで待ち、その後電子レンジにかけます。

①この水滴が解凍時間を短縮し、おいしさを増やします。
(これは冷凍のフランスパンを解凍する時、霧吹きで1~2回水を吹きかけるのと同じ仕組みです)

②電子レンジでの解凍方法は、600wで3分を設定して温め、解凍します。
この時、間違っても電子レンジの解凍機能は使わないでくださいね。

③加熱で600wの3分で取り出し、冷たいところがあるようなら、30秒ずつ追加加熱してください。

④加熱後は炊いた時と同じように、10分間ラップの上に保温用タオルをのせて蒸らします。
この一手間が雑穀米のおいしさを増やすのです。

まとめ

雑穀米のおいしい冷凍保存方法や炊き方についてご紹介してきました。

炊飯器の保温でそのままや、冷蔵保存では日持ちも悪く、劣化することで味が落ちてしまいますのでおすすめできません。

炊き上げ雑穀米のおいしい保存方法は、急速冷凍と急速解凍のセットが一番おいしく保存できるおすすめの方法です。
また、雑穀米の冷凍保存後の栄養価は最小限に抑えられ問題ありません。

炊き上げ雑穀米の冷凍保存賞味期限も3週間から1カ月ありますが、できるだけ早め早めに使い切ることで、より一層炊きたてのおいしい雑穀米が味わえます。

あなたもおいしい雑穀米を炊き上げ、冷凍保存・解凍でご賞味されてみませんか?

コメント